これぞ青春小説! がんばることに疲れたり、忘れそうになったときに読むとよし

小説・エッセイ

2010/12/1

DIVE!! 上

ハード : PC/iPhone/iPad 発売元 : KADOKAWA
ジャンル:小説・エッセイ 購入元:電子文庫パブリ
著者名:森絵都 価格:583円

※最新の価格はストアでご確認ください。

10メートルの飛び込み台からのジャンプ、 それが「飛び込み」というスポーツ。 中学生のトモは、飛び込み歴6年、 だけど彼女とデートするより、 友だちと遊ぶより好きだから、続けていた。 決して、突出した才能ではない、そう思っていた。 突然あらわれた女コーチに見込まれるまでは…。

目指すはオリンピック! 迷い、悩み、葛藤しながら戦う少年たちの、 スポ根青春小説。
  
正直、わたしはスポーツに たいして興味はないのです。 オリンピックも、さして熱をもって 応援したことはありません。 せいぜい、フィギュアきれいだなあ、くらい。 ですがこの小説は、そんなわたしをも虜にし、 「ちょっとスポーツしてみたいかも」 と思わせる何かがあるのです。
  
たった一人で飛び込む孤独感。 先の見えない不安感。 たったひとつを選んだことで、 捨てたかもしれないたくさんの可能性と未来。 だけどたった一瞬の快感を求めて 進んでいく彼らの姿には、 読んでいて正直、胸がつかまれ、涙が出ます。
  
この小説のすごいところは、 みんなが主役、というところ。 脇役さえも主役、というか、 ありきたりかもしれませんが、 自分の人生、だれだって自分が主役で、 それぞれの悩みや葛藤を振り払って ひとりでがんばっていくしかない、ということを、 青春小説の形で見事に描き切っているところ。
  
青春小説の形で、というのはつまり、 そんなこむずかしいことを考えず、 ただ、彼らの一挙一動、感情の些細な揺れ、 (弟に彼女を奪われたとか、 友だちに負けて悔しいとか、 できることならみんなで一緒に頑張りたい、 とかいろいろ) そういうものに同化して、はらはらして、 どきどきして、最後にスタンディング オベーションを送りたくなるような、 つきぬけた爽快感を味あわせてくれるのです。
  
試験の前とか、プレゼンの時とか、 喧嘩している恋人に会う時とか、告白の前とか、 なにかの岐路にたつときに、 こっそりポケットに忍ばせて、 ちらっと読むと勇気が出るかもしれません。
  
励まされたりぐさっときたり、 数行の名言が、けっこうつまってます。

起動するとすぐに、使い方が出てきます

画面固定ボタンはもちろん、読んでいるときにふと思い出してどこかのページに戻ったとき、そのあとにすぐ戻ってこられるようリターンボタンまでついてます

もちろん、目次は、タッチすればすぐに章にとべる機能付き。心躍るマイベストな章にもすぐジャンプできます