今月のプラチナ本 2014年8月号『街場の共同体論』 内田 樹

今月のプラチナ本

2014/7/5

『街場の共同体論』 内田 樹 ●あらすじ● 「日本一のイラチ(せっかち)男」を自認する内田樹が、家族論、地域共同体論、教育論、コミュニケーション論、師弟論など「人と人の結びつき」のありかた、現代日本の難題を、鮮やかに斬りまくる。「父親の没落と母親の呪縛」に凍りつく家族、いじめとモンスターが跳梁跋扈する学校、一億総こど... 続きを読む