朝ドラだけじゃない! 茂木健一郎氏もハマった「赤毛のアン」の魅力とは?

小説・エッセイ

2014/7/6

 ビルの狭間のちぎれた空にアナタはいくつの夢を描けるだろうか。小鳥のさえずりや鋭く光る稲妻に何の意味付けもしないのは、もったいない。そういう日常の隙間、ふと非日常に浸れる空間に想像力を働かせて、耽溺してみるのも悪くはないだろう。それだけで世界の色が変わる。どんなにつらいことがあっても、苦しいことがあっても耐えられる。... 続きを読む