電車は走る。人と人との出会いと想いを乗せて

小説・エッセイ

2011/10/24

ずっと同じ電車に乗り続けていると、だんだん自分だけが知っている顔見知りが増えてくる…もしかしたら、相手もそんな風に思っているかもしれない。そんな相手と、ふとした瞬間につながることだって…あるかもしれない。 電車内での運命の出会い-なんてものをこっそり妄想したりする、ルナルーチェの葉菜とチリ でお送りいたします。 【葉... 続きを読む