SFの父・ウェルズのエレガントでロマンチック、かつ奇想天外な世界

小説・エッセイ

2011/9/4

SFの父と呼ばれるH・Gウェルズの短編作品を読むのは今回が初めて。「モロー博士の島」や「タイムマシン」などで知られ、19世紀にあって(1866~1946)、テロリストによる細菌使用や、原子力爆弾までも... 続きを読む