警戒区域内へも立入る、“ベコ屋”の意地をかけた原発一揆は現在も続く完全ドキュメンタリー

ノンフィクション

2015/3/21

 3.11は、多くの人の運命を変えた。天災だったのか人災だったのか、理不尽なソレに言い知れない憤りや絶望を覚えつつも、ある人は運命を受け入れ、ある人は抗いながら、新しい人生をすでに歩んでいる。  本書のタイトルである「原発一揆」という言葉は非常にセンセーショナルだが、「3.11に何があったか、そして今、被災者はどうな... 続きを読む