うずまきに支配された街におこる不気味にしておぞましい事件の連鎖

コミック

2011/6/14

仕事柄、連日連夜のべつ本やらマンガやらを手にしているのだが、だんだん作家のイマジネーションが辿る軌跡みたいなものを、ストーリーの中に読み込めるようになってくる。    つまり物語の中に「なるほどこういう経緯でこの発想が出てきたんだ」と作家の脳内構造のヒントが見え隠れして先の展開が推測できたりするんだけど、伊藤潤二に関... 続きを読む