究極の切なさに号泣できる恋愛ファンタジー

小説・エッセイ

2011/11/16

まぎれもなく、村上春樹タッチの文章です。レトリックの使い方もそのものですね。ですからたいへんに読みやすい小説です。サラサラッと読めてしまいました。 ただし、文章というのはどこかへ到達するための乗り物みたいなものですから、同じ乗り物に乗ったからって同じところへ行けるわけじゃありません。深さがちょっと足りない感じはありま... 続きを読む