『村上さんのところ』コンプリート版は、単行本8冊分!「村上主義者」でなくてもハマる!

小説・エッセイ

2015/10/22

村上さんのところ コンプリート版

ハード : 発売元 : 新潮社
ジャンル: 購入元:KindleStore
著者名:村上春樹 価格:※ストアでご確認ください

※最新の価格はストアでご確認ください。

 『職業としての小説家』もそうだが、毎回新刊が発売されるたびに、これでもかというほど話題となる村上春樹氏。作家でここまで大々的に取り上げられる人なんて、他にちょっといない。それが鼻について、距離を置いている人も多いだろう。ただ、この『村上さんのところ』は、そんな「読まず嫌い」をしていたら絶対にもったいない。誰でもハマるお楽しみのツボが満載なのだ。

 2015年1月15日から5月13日までの期間限定で開設された特設サイト「村上さんのところ」。1月15日から31日までの17日間に限り質問メールを受け付けたところ、届いたメールはなんと37,465通! 村上春樹氏本人がこの全てに目を通し、約3,700通のメールに回答した、そのやりとりをまとめたのが本書『村上さんのところ』だ。書籍版ではその中から470通あまりを厳選して掲載しているが、電子書籍版の『村上さんのところ コンプリート版』は、ネット上のやりとりが全て収められている。単行本にしたら8冊にはなる、という超大作なのだ。

 それを知らずに読み始めたら、もう本当に終わらない。読んでも読んでもメールが続く。こんなに先が見えない本を読んだのは初めてだ。3700通のメールを読むだけでもこれだけ大変なのだ。この10倍のメールに目を通すなんて! 一部とはいえ、それに対して返信するなんて! 村上氏の胆力には本当に恐れ入った。

 もちろんこの本の真価は「数」にあるのではない。メールに対する村上氏の答えがとても素敵なのだ。電車の中で読むのを憚れるほど、ニヤニヤしてしまうコメントが目白押しだ。メール相手の年齢、性別に合わせた緩急自在の返信は、さすがに文章のプロ。いくら読んでも読み飽きるということがない。私自身が疎いせいもあろうが、音楽、そしてランニングに関する話題は、ついついそそられる内容ばかりで、実際にCDを何枚か買ってしまったし、ごくごく短い距離だが、週1ペースで走るようになってしまった。決して「村上主義者(村上春樹ファン)」ではないのだけれど…。

 メールは届いた順に並んでいるのだが、電子書籍版では質問のテーマごとに読める機能もついていて、これが思いがけなく便利。話題になっていたミュージシャンの名前を、タグ付けしたりしなくてもさっと見つけることができるし、ちょっと落ち込んだ時などは、似たようなページを探してふんわり暖かい気持ちになれる。「共通の話題」というタグがあって、これで気になる言葉をさらに探索することもできるし、「以前のメールでも書きましたが」みたいな文章では、以前、という言葉をクリックすれば該当するページに飛べる。電子書籍だからできる仕掛けがいっぱいで、知らず知らずのうちに「春樹ワールド」の深みにはまってしまうのだ。一家に一台ではないけれど、手元に置いていつでも好きな時にパラパラとめくりたい、そんな気持ちにさせられる1冊だ。


関連の話題をクリック! これぞ電子書籍ならではの醍醐味

なんとも味わい深い感慨。歴史上の人物より年上なんて、なんだか自分まで大人物になったよう

英語の回答にもハルキ節が感じられて興味深い

こんな返信もらったら、軽く願いが叶っちゃいそう!

ヤクルトへの深い愛がひしひし。スタッフの的確な注釈も親切だ。今季のセリーグ優勝についてのコメントも読んでみたい!

分類されたテーマは24(村上氏からのメッセージも含め)。膨大なメールをテーマごとにまとめたスタッフの苦労が偲ばれる…