知的でありながら軽く物語性に富んだ論理を風発する中島らもの最高傑作

小説・エッセイ

2011/12/12

中島らもがなんでこの本で直木賞を取れなかったかというと、あんまり長くて選考委員が全部読まなかったからだというまことしやかな噂があります。いや、まことしやかな嘘かも知れませんが。そんなに面白いんならつい全部読んじゃうんじゃないのかという反論が当然あるわけですが、エンタメ作家なんて自分より面白い本にぶつかったら悔しくって... 続きを読む