信頼の道尾ブランド、快感たっぷりのミステリーホラー

小説・エッセイ

2012/1/6

第5回ホラー・サスペンス大賞を受賞したデビュー作「背の眼」の、シリーズ第2弾といった感じの作品です。道尾作品としてはケレン味がもちょっとほしいけれど、ミステリのレベルでいったら充分読み心地のある満足作。新幹線の中なんかじゃこういうのが読みたいねむしろ、西村京太郎とかじゃなく。集中した読書までは要求しないけど、謎解きの... 続きを読む