白黒つけ難く、奥深い、囲碁の世界の名言集

インタープレイ

2012/1/24

歴史小説家であり、文壇本因坊という文壇囲碁のタイトルホルダーでもある榊山潤の著。他の著では「囲碁談義」「武将と囲碁」「日中囲碁盛衰史」などがある。本書では「理詰めより重詰め」「勘定あって銭足らず」「打つ前に一呼吸」「大局に目をくばれ」「長生は生きでも死にでもない」など名言、金言が章のタイトルとなり、著者の囲碁に対する... 続きを読む