あなたは“結婚”に何を望みますか? 人生を捧げた若手俳優が電撃婚! 元・追っかけの妙齢女子たちの集団婚活の行方は…『ガラスの靴は割れてもはける』

アニメ・マンガ

2017/10/14


「(若手俳優の)巻貝くん 結婚!」それは巻貝くんヲタである彼女たちの人生を左右する、ビッグニュースでした。

巻貝くんに続けと言わんばかりに集団婚活を開始した4人。結婚というゴールは同じでも、想いや現状はそれぞれ。

結婚はしたいものの、「恋愛=時間のムダ。条件が良い相手と効率的に結婚したい」と考えている舞(26) 。

「傷ついたりしない」「私は違う」そう自分に言い聞かせて “不倫”という道を選んできた愛子(30) 。負の連鎖を断ち切る為婚活に参加。

キャリアウーマンを気取って気が付けば彼氏いない歴7年、最年長・千佳子(34)。趣味に生きてきた妙齢女子は、結婚という幸せを掴むことができるのか。

 お気に入りの若手俳優の舞台を見るために地方に遠征したり、何度も同じ公演を観たり、イベント券を入手するために何枚も何枚も同じCDを買ったり…。そんな追っかけ仲間だった4人娘が、“推し”が結婚をするのを機に婚活を開始します。

 趣味という共通点を持つものの、年齢も職業もバラバラの4人は、恋愛観・結婚観もそれぞれ。

「深く考えずいいなと思ったらとりあえずアタック」
「恋愛とか結婚て、しなきゃダメなもの?」
「子供は欲しい」
「彼氏ってゆーか、ぶっちゃけ恋愛をとばして結婚したい」

 婚活を通して見えてくる彼女たちの考えや行動は、少し胸が痛くなるくらいリアル。結婚を意識したことがある人なら、男女ともに共感できる部分があるはず。4人で始めた集団婚活、一番に幸せを掴むのは一体誰なのでしょうか?

(C)都陽子/祥伝社フィールコミックス