10月23日は“鳥飼茜祭り”!『ロマンス暴風域』『鳥飼茜の地獄でガールズトーク』…初活字本を含む3冊同時発売!

アニメ・マンガ

2017/10/23

 10月23日(月)は、要チェックな日にちである。今、マンガ界の最前線を爆走し、『ダ・ヴィンチ』本誌でも「マンダリン・ジプシーキャットの籠城」を連載中の鳥飼茜さん。その新刊3冊が同時発売されるのだ!

 まず絶対に読み逃したくないのが、『先生の白い嘘』8巻。『月刊モーニング・ツー』で連載され、男女の性の不平等に鋭く切り込み大きな話題を呼んだ傑作が、ついにこの巻で完結を迎える。友人の婚約者にレイプされ続けていた24歳の高校教師・美鈴と逆レイプされた経験のある男子生徒・新妻。2人はいかに障害を乗り越えて愛を育み、未来へと歩んで行くのか。続いて、昨年10月に『週刊SPA!』で連載スタートした新作『ロマンス暴風域』の第1巻。主人公は高校の臨時教員・サトミン。恋愛に対しての自信を完全喪失した彼が出会ったのは、風俗嬢のせりか。二人の恋は果たして運命なのか!?

『先生の白い嘘』
『ロマンス暴風域』

 そして大注目なのが、『鳥飼茜の地獄でガールズトーク』。こちらは鳥飼さんの記念すべき初活字本だ。内容は、ツイッターを中心に募集したお悩み相談、エッセイ、浅野いにおさん、岸田繁さん(くるり)、古谷実さんとの豪華対談と極めて盛りだくさんだ。11月6日(月)発売の『ダ・ヴィンチ』12月号には、この初書籍について語る鳥飼さんのインタビューが掲載されているので、あわせてお読みいただければと思うが、そこから少し抜粋すると、鳥飼さん自身、「正直めっちゃ面白くて、もう5周目くらい読んでいる」そう。それは、「自分の言葉にうっとりするわけではなく(笑)、隣にお悩み相談や対談をしてくださった方がいるようで、その空気感を反芻する感じ」なのだ。この一冊から伝わってくるのは、“人間・鳥飼茜”そのものだ。鳥飼さんの社会に対する真摯な目線、人々への優しさ、大学時代の友人のこと、古谷さんに師事したアシスタント時代の思い出……。これに触れれば、鳥飼さんのマンガ作品も一層楽しめること間違いなしだ。

『鳥飼茜の地獄でガールズトーク』

 ところで、鳥飼さんの10月はこれだけでは終わらない。24日(火)より順次発売される『クイック・ジャパン』vol.134では、40ページにも上る鳥飼茜大特集が組まれている。描き下ろしマンガ、担当編集座談会、密着などやはりレアな企画ばかり。特にマンガは、鳥飼さん自ら「皆さんに読んでいただきたい」と太鼓判を押す素晴らしい作品となっている。

『クイック・ジャパン』vol.134

 さらに、29日(日)には『鳥飼茜×柴田聡子の地獄でガールズトークライブ』と題するトークイベントが開催される。柴田聡子さんは、アルバム『愛の休日 DO YOU NEED A REST FROM LOVE?』が注目を集める、ミュージシャン・詩人だ。“現実という地獄”について2人が語りまくるという大変気になるテーマが掲げられ、目が離せない。

 まさに“秋の鳥飼茜祭”な10月。ぜひ、まるっと楽しみたい。

▼『先生の白い嘘』8巻 10月23日(月)発売
鳥飼 茜 講談社 562円(税別)

▼『ロマンス暴風域』1巻 10月23日(月)発売
鳥飼 茜 扶桑社 740円(税別)

▼『鳥飼茜の地獄でガールズトーク』 10月23日(月)発売
鳥飼 茜 祥伝社 1300円(税別)

▼『クイック・ジャパン』vol.134 10月24日(火)より順次発売
太田出版 1000円(税別)

▼鳥飼茜×柴田聡子の地獄でガールズトークライブ
10月29日(日)
OPEN 18:00 / START 19:00
前売 2000円 / 当日 2500円(共に飲食代別)
*前売はe+にて発売中(完売した場合、当日券は未定です)