ギフトにもおすすめ! この冬は、家族みんなで作って遊べる動くペーパークラフト「カミカラ」を楽しもう

生活

2017/12/12

 まずはこの動画をごらんください。


 紙でできたペンギンをぺしゃんこにして床に落とすと、ぴょこんと飛び跳ねて一瞬でもとのペンギンに!! 思わず「なにこれ!? かわいいー!!」と叫んでしまいそうになるこのペンギンは、紙のからくり「カミカラ」のひとつ、「マゼランペンギン爆弾」です。

 カミカラは、ペーパークラフト作家の中村開己さんが手がける、動くペーパークラフト。ツイッターで話題になり、現在国内外で大人気となっています。

 紙と輪ゴムだけでできているカミカラは、ハサミなど身近な道具を使って誰でも作れるものです。動力は輪ゴムのみなのに、落としたり転がしたりするだけで、飛んだり跳ねたり、くるっと宙返りしたり、かみついたりと、どのカミカラも予想を超える驚きの動きを見せて、子どもだけではなく大人も楽しませてくれます。

 カミカラの型紙を収録しているのが、今回紹介する『紙のからくり カミカラで遊ぼ!』(中村開己/日本文芸社)です。「マゼランペンギン爆弾」や、千葉県船橋市非公認のご当地キャラ「ふなっしー」のカミカラを含む10作品が収録されています。作品については、見ているだけでワクワクする遊び方動画が、日本文芸社の特設サイトで公開されています。

 「シンデレラのかぼちゃの馬車」は、転がすだけでかぼちゃが馬車に大変身!


 「バク宙うさぎ」は、その名のとおり、うさぎが宙返りするカミカラです。


 「かみつく封筒」は、封筒を開けて中身を取り出そうとするとパクっと犬にかみつかれるというもので、サプライズにもぴったりの一品です。


 本書では、各カミカラの型紙や作り方のほか、ハサミなど、必要となる道具の紹介やその使い方のコツなども掲載されています。また、前述の特設サイトでは、収録されているカミカラの作り方をレクチャーする動画も公開されています。レクチャー動画では、各カミカラの比較的複雑な部分の作り方などをチェックすることができます。

 一例として、桃に包丁を入れると中にいる桃太郎が真剣白羽取りをするというカミカラ、「桃太郎外伝」のレクチャー動画を見てみましょう。小さなのり付け箇所がたくさんあるパーツの作り方が、2つの動画で丁寧に説明されています。



 言葉や絵図のみでは伝わりにくいニュアンスも、動画ならばっちりわかります。例えばのり付けなら、のりを付けるときの型紙の持ち方やのりを付ける範囲、付けるのりの量やくっつけるときの力の入れ加減などをつぶさに知ることができるので、「工作はニガテ…」と思っている方にこそぜひ見ていただきたいです。パーツごとの完成形が一目でわかるのも動画の長所です。スマホやPCでぜひチェックしてみてください。

 クリスマスやお正月がある冬休み、家族みんなでカミカラを作って遊べる本書は、プレゼントとしてもおすすめの商品です。この冬、知育にも最適な本書をお子さまに贈ってみませんか。

文=寺島和美