あの時、金田一にさえ会わなければ…! 犯人たちの“七転八倒ながんばり”が面白すぎる と話題沸騰の外伝

アニメ・マンガ

2018/2/22


 ミステリーマンガの金字塔『金田一少年の事件簿』の犯人たちが、事件の裏でどんなやりとりをして、どんな心情で犯罪に手を染めていたのかを描いたのが、本作『金田一少年の事件簿 犯人たちの事件簿』なんですが、これがもうとにかくイチイチおもしろい。

 あんな陰惨な事件の裏で、壁の脅し文句の書き文字を何度も練習してたり、変装のための包帯姿がホテルのオーナーにめっちゃ怪しまれたり、役者でもないのにひたすら「何食わぬ顔」を演じきったり、とにかくすぐ窮地に陥る犯人たちの七転八倒ながんばりが、笑いと謎の感動を生み出します。




 思い返してみれば、犯罪者といっても彼、彼女らが殺人にいたった動機は、何かの業としか言えないような重くて悲痛なものばかりでした。
 この外伝を読み腹を抱えて笑うことで、事件の犯人たちの想いが少しでも昇華していくのなら、それは意味のあることなのかもしれません…。

 また、2巻が2月16日(金)に発売されたことを記念して、電子書店ブックウォーカーでは“犯人総選挙”が実施中。1期の長編シリーズ(File1~26)に登場した犯人26人のうち、外伝でエピソード化されていない18人を立候補者として扱い、投票を募集。投票の結果、1~3位に選ばれた犯人の中から、外伝著者の船津紳平先生が1人を選出し、実際に「マガポケ」でマンガ化されるとのこと。抽選で「全犯人一覧ポスター」のプレゼントも! 投票は2月26日(月)まで。あなたの一票で次に主役になる“犯人”が決まる…かも!

■特設サイト:『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』犯人総選挙



金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿
レーベル:週刊少年マガジン
出版社:講談社
著者:天樹征丸:原作、金成陽三郎:原作、さとうふみや:原作、船津紳平:漫画

(C)天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや・船津紳平/講談社