ひょっこりはん初の絵本! 世界各地に隠れたひょっこりはんを見つけよう!

エンタメ

2018/10/3

 今年大ブレイクした芸人といえばひょっこりはん。そのネタは、軽快な音楽にあわせてあっちから、こっちから、いろいろなところから「はい、ひょっこりはん」と顔を出すだけのシンプルなもの。意外なところからの「ひょっこり」に思わず笑ってしまったり、誰でもできる簡単な動きなのでついマネをしたくなったりする。

『ひょっこりはんをさがせ!』(ひょっこりはん/宝島社)

 そんな人気芸人・ひょっこりはんが登場する書籍が発売された。その名も『ひょっこりはんをさがせ!』(宝島社)。本書は有名な世界遺産を毎月めぐる世界一周旅行をテーマに、いろいろなところに隠れているひょっこりはんを探して遊ぶ絵本だ。

 スペインのサグラダファミリアやペルーのマチュピチュ、チリのイースター島など地球上のありとあらゆる名所に隠れたひょっこりはんを探す本書。宮殿のような出で立ちのタージ・マハルは実は当時の皇帝が愛する妻のために建てたお墓であるとか、万里の長城は、世界一大きな建造物で紅葉の季節は観光客が多く訪れるなど、各ページの左上には世界遺産についての豆知識が添えてあり、名所についてのちょっとした知識も身につくという優れものだ。

 マッシュルームヘアーに白いタンクトップ、青いスパッツを身に着けたひょっこりはんはどこに隠れても目立つはずなのに、探すとなるとこれがなかなか難しい。ページによっては大量のひょっこりはんが隠れていることも。全部見つけるのは至難の業だ。

 さらに、ひょっこりはん以外のものもたくさん隠されているのだとか。2月のページには恵方巻を食べている人、8月のページにはかき氷を食べている人、12月のページには年越しそばを食べている人…、全てのひょっこりはんを見つけられたら、これらの人たちも探してみよう。

 本書の巻末では、ひょっこりはん直伝の正しい「ひょっこり」のやり方を写真付きで紹介している。さらに、バランスボールや新聞紙などを使った応用編の「ひょっこり」もできるようになれば、人気者になれるはず! 「ナイス! ひょっこり」を目指して練習してみてはいかがだろうか。

文=ムラカミ ハヤト