11872人が選んだ『夏目友人帳』推しキャラ投票結果! 1位はニャンコ先生! 2位、3位は!?

アニメ・マンガ

2018/10/10

『夏目友人帳』(緑川ゆき/白泉社)

 9月29日より『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』が上映されている『夏目友人帳』。原作コミックス『夏目友人帳』(緑川ゆき/白泉社)は、2003年から白泉社の『LaLa』『LaLa DX』で連載されており、15年以上愛され続けているロングヒット作品だ。また、TVアニメも既に6期まで終了しており、その人気の高さが窺える。

 本作品は、本来人には見えないはずの妖怪が見えることで何かとトラブルに巻き込まれる高校生・夏目貴志が主人公。彼は幼くして両親を亡くしているが、ある日、祖母・夏目レイコの遺品の中から「友人帳」なるものを発見する。友人帳は、レイコが妖怪と勝負をして打ち負かし、奪った名を集めた契約書のようなもの。それ故に多くの妖を使役できるという噂が立ち、あちこちから狙われていた。そんな中で上級の妖・斑(ニャンコ先生)と出会い、夏目は自分が死んだ時、ニャンコ先生に友人帳を渡す代わりにそれまで用心棒になってもらう、という契約を交わし、一緒に暮らすこととなる。

 ダ・ヴィンチニュースと夏目友人帳の公式Twitter上では、先日9月29日~10月5日に両アカウントをフォロー&RTした人の中から抽選で関連賞品がもらえる、「夏目友人帳×ダ・ヴィンチニュースコラボキャンペーン」を開催。1万2000人を超えるファンから応募があった。

▲各公式アカウントのキャンペーンツイート

 そんな本作品の魅力は、ただ友人帳を狙って妖たちが襲ってくるのではなく、多くの妖にドラマが用意されていて、何かしら感情移入できる要素が盛り込まれていることにあるように思う。妖たちが抱えている問題やレイコ、夏目との思い出、人を襲う理由などを見ていると、自然と「幸せになってほしい」という、応援したい気持ちが湧いてくる。

 そこで、キャンペーンに続き、ダ・ヴィンチニュース公式Twitterで『夏目友人帳』推しキャラアンケートを実施した。結果、2日で1万1872人ものファンがアンケートに参加した。投票結果は以下の通り。

1位:ニャンコ先生
2位:夏目貴志
3位:名取周一

 また、「その他」にあたるコメントで、4位&5位に的場静司、田沼要(同数51票)がランクインした。他にも50を超えるキャラクターに票が入り、たくさんの熱いコメントが寄せられた。

 ちなみにニャンコ先生(斑)以外の妖では、頻繁に登場する中級(一つ目、牛)、子狐、ヒノエ、リオウあたりの人気が高かった。

 盛り上がりを見せている劇場版アニメにも、新たな妖が登場する。いったいどんな妖が登場し、どんな展開を見せてくれるのか。紹介PVでは、何やらニャンコ先生が3匹に分裂してしまっている様子。『夏目友人帳』初となるこの劇場版アニメも、原作やTVアニメの今後の展開も、絶対に見逃せない。

文=月乃雫