『フルーツバスケット』透はどうして“彼”を選んだ? 少女マンガの「本命と当て馬」論

アニメ・マンガ

2019/3/10

『フルーツバスケット』(高屋奈月/白泉社)  この春、再びアニメ化することになった、高屋奈月原作の漫画『フルーツバスケット』(白泉社)。両親を亡くし、アルバイトをしながら自活する逞しい女子高生、本田透と、十二支の物の怪に憑かれた草摩家の人々との心のふれあいを描いた物語で、累計発行部数はなんと、3000万部。少女漫画史... 続きを読む