白虎に跨る少女は自称神様!? 真名を取り戻すべく、華安の街を駆け回る!

小説・エッセイ

2012/4/14

白虎の白桃に跨る自称神様・春蘭(しゅんらん)は年端も行かぬ少女。突然、ぐうたら下級官吏・鄭仲望(てい ちゅうぼう)の前に現れ、自らを神だと名乗り、4年前に死んだとされている仲望の兄に、つい最近奪われた真名(神の持つ名前)を取り戻すため、鄭家に居座ることになる。無表情かつ尊大な口調の春蘭に、常に気の抜けた態度の仲望。そ... 続きを読む