死ぬまで踊りたい――直木賞作家・桜木紫乃が描く、踊り子の矜持と生き様とは?

文芸・カルチャー

2019/4/3

『裸の華』(桜木紫乃/集英社文庫) 「僕ね、死ぬんだ」ひときわ元気そうな声だった。「いつなの」やさしく訊ねた。  桜木紫乃さんの小説『裸の華』(集英社文庫)で、いちばん印象に残っているのはこの場面だ。怪我が原因で引退した元ストリッパーのノリカのもとを、かつての常連・オガちゃんが訪れる。「生きているうちに、もう一回だけ... 続きを読む