35歳、独身女子、正社員じゃなくても都内に理想のマンションが買える!? マイホーム購入に必要なすべて

暮らし

2019/4/26

『35歳、働き女子よ城を持て!』(高殿 円/KADOKAWA)

 こういう本を待っていた! と諸手をあげてお出迎えしたのが『35歳、働き女子よ城を持て!』(高殿 円/KADOKAWA)。タイトルどおり、35歳の働く女性が自分の城=マイホームを購入するための指南書だ。私も35歳の働き女子。東京で家賃を払い続ける生活にやや疲れ、買ったほうが結果的にいいのでは? と悩みながら、いやしかしフリーランスの身分でローンなんて組めないだろうし、そもそものちに賃貸に出せることも見込んで買うとなると、東京のマンションは馬鹿高いよ……。と、尻込みしていた。同じ気持ちでいる女性はきっと多いことだろう。そんな同胞たちに、最初の一歩を踏み出すきっかけとして、本書をぜひともおすすめしたい。

 著者の高殿円さんといえば、井上真央主演でドラマ化された「トッカン」シリーズなどで知られる小説家。なので最初は本書も小説かと思ったのだが、これがまあ、たいへん役に立つ実用書だった。高殿さんと、家購入に悩む担当のM村さん(35歳独身、都内在住、年収300万円台の契約社員)、そして不動産のあらゆる専門家との会話形式で話が進むものだから、めちゃくちゃ読みやすくてわかりやすい! 知識ゼロで、専門外の単語に弱い身としてはいろんな意味でありがたかった。

 まず値段設定の仕方がわかりやすい。「家賃を月7万5千円として年間90万円。定年を65歳と仮定し、30歳から35年間住み続けると3150万円+更新料」=「ざっくり計算して3000万円前後の物件を目安にすればいい」。と冒頭に示してもらうだけで、夢想が現実のものへと変わる。漠然と四桁万円の話をしていても、実感はともなわない。けれど自分の現状と照らし合わせ、手に入れられる理想を思い描くことは、自分がどう生きるかを具体的にしていくことにも繋がっていく。そしてその「どう生きるか」を改めて考える機会を与えてくれるのが本書最大の魅力だ。

 もちろん、家探し・購入をするうえでマストな情報がすみずみまで行き届いているのは言うまでもない。ホームインスペクターの力を借りる重要性とか(一級建築士や不動産屋であっても住宅診断士の資格をもっているわけではないらしい)、工務店は大手がいいとか有名じゃないからダメということはなく単にすみわけが違うだけとか、リフォーム物件・リノベーション物件の違いとそれぞれの利点とか、あとは契約社員やフリーランスでも組めるローンの情報とか、知りたかったことが全部、本書には書かれていた。

 だがそれ以上に「家を必要としない人はいない」「家を買うと、家の存在そのものが、よくやった、頑張った、と自分を褒めてくれるから、それだけで生きていく力になる」という高殿さんからのエールが心に響いた。生活を、人生を、自分の手で整えて心地よさを手に入れる。その心地よさが、じわじわ仕事や趣味や生き方に影響し、昨日より1ミリでもよい明日をもたらしてくれる。そのために必要な多少の知恵を、本書を通じて高殿さんは教えてくれるのだ。

 頑張っている自分を褒めてあげるために。私なんかが家なんて、と思っている人にこそ読んで活力としてほしい一冊だ。

文=立花もも