世界一美味しい手抜きごはん!「がっつり角煮」と「冷やし担担うどん」が15分で完成!【つくってみた】『レタスクラブ』

食・料理

2019/8/24

『レタスクラブ ’19 9月号』(KADOKAWA)

 みなさまこんにちは。漫画家・イラストレーターの山本ありです。

 今回の『レタスクラブ』は、はらぺこグリズリーさんの著書『世界一美味しい手抜きごはん』(KADOKAWA)から「がっつり角煮」と「冷やし担担うどん」の2品を作ります!

 “超簡単で、どこの家庭にもある調味料で、安くて早くてうまい!”なレシピでして、これ以上ないほど寄り添ってくれています。

 まずは「がっつり角煮」。「角煮」は山本の大好物!

 豚肉だからスタミナつくし、夏に食べたいのだけど、この暑い夏に1時間火をつけっぱなしで茹でこぼす作業…苦痛すぎてやりたくない。

 こんなめんどくさい角煮が、1時間以上はかかる角煮が、はらぺこグリズリーさんにかかれば約15分で完成しちゃうんです!

 完成!はやーーーっ!!!

 食べてみたところ、お米もいいけど個人的につまみにいい塩梅だったので…

(ただビールが飲みたかっただけという話もある)

「がっつり角煮」に、常備している「茹で枝豆」と「とうもろこし」でひとり飲みのつまみにいただきました。

 この角煮、あっさり味なのでラーメンにトッピングしたり、炒飯に混ぜてもおいしいです!

 手の込んだ角煮を作るとどうしても「作るの2時間、食べるの15分…もっと作ればよかった」

 とうっすら思ってしまうのですが、これなら心おきなくバンバン食べれる!

 トッピングに使える!

 もう一品は「冷やし担担うどん」

 こちらは昼ごはん。わらびの煮物も一緒に。

 冷凍うどんに無調整豆乳と麺つゆを合わせたスープに肉そぼろトッピング。

 このスープ考えたはらぺこグズグリーさん…天才じゃないですか…?

 豆乳好きの山本、ガンガン飲んでしまいました!さらに肉そぼろがみそ味でスープに合う!

 トッピングに万能ねぎやすりごまがおすすめだそうですが、角煮で余ったかいわれを添えてもおいしかったことをお知らせいたします。

 手が込んでそうな2品があっという間に完成してしまいました…。

 しかもコンビニでも買える調味料で。

 料理界に革命だ…革命が起こっているぞ!