家計もボディもダイエット! 材料費100円台以下の糖質オフダイエットレシピを作ってみた

暮らし

2019/9/11

『節約しながら糖質オフ!366レシピ』(主婦の友社)

 今、巷で話題となっているのが、糖質を制限してスリムな体を手に入れる“糖質オフダイエット”。しかし、糖質オフダイエットは主食を控えるため、おかずの食費が高くなりすぎるのでは…と心配している方もいるはず。そんな悩みを解消し、材料費100円台以下で作れる糖質オフレシピを教えてくれるのが『節約しながら糖質オフ!366レシピ』(主婦の友社)。本書には、全品糖質20g以下の節約おかずが366品も収録されています。今回はその中から3品をピックアップし、実際に作ってみました!

■コスパ◎なとうふはアボカドのグラタンに!

 とうふは家計のおたすけ食材としても活躍しやすい食材。しかし、いつの間にか調理法がマンネリ化し、食卓に並ぶのがいつも同じメニューになってしまっているおうちもあるはず。そんな時に使えるのが、アボカド。低糖質で栄養価の高いアボカドはとうふと合わせてグラタンにしてみましょう。

 ストック食材のベーコンは脂身が多く高カロリーですが、超低糖質であるため、糖質オフダイエットに最適。活用すると、少量でコクと旨味が出せます。

 作り方は至ってシンプル。まず水切りしたとうふに塩をまぶし、冷蔵庫で一晩寝かせます。そして、翌日にアボカドやベーコン、チーズを乗せてオーブントースターで焼くだけ。下準備をしておけば、帰宅が遅くなった日でもパパっと作ることができます。料理に手間をかける時間がない…。そんなモヤモヤを抱えている方にこそ、試してほしいダイエットメニューです。

■がっつり食べても糖質2.0gの「チキンソテー」

 ダイエット中でもがっつりお肉を食べたい…。そう思った時におすすめしたいのが、ボリューム感満点な「チキンソテー」。

 バルサミコ酢を活かした香味ソースのおかげで、さっぱりとした風味に。これなら、蒸し暑い時やバテ気味な時でも口に運びたくなります。

 ダイエット中は野菜中心の食生活を送らなければいけないのではと思っている方もいるかもしれませんが、実は鶏肉は糖質オフダイエットにぴったりな食材。鶏もも肉は100gあたり204kcalもエネルギーがあるのに、糖質はどの部位でもほぼ0g! リーズナブルで手が出しやすく、炒めものからサラダまで幅広く使えます。

 ボリューミーな食事を楽しむことができるダイエットなら継続もしやすいはず。大好きなお肉をおいしく味わえる「チキンソテー」は、夫婦や家族で糖質オフダイエットを行っている方にもぴったりな一品です。

■低価格&低糖質のおつまみ「アスパラのじゃこいため」

 仕事や育児などに全力投球していると、時には晩酌タイムが恋しくなることも。コンビニのファーストフードやポテトチップス、ケーキなどをおつまみにしながらお酒を楽しむ方は多いでしょう。しかし、ダイエット中は糖質オフなおつまみを自作してみませんか?

 例えば、手軽に作れる「アスパラのじゃこいため」は低価格で楽しめる、絶品おつまみ。

 作り方は簡単で、アスパラとちりめんじゃこを砂糖、酒、醤油で味付けし、炒め合わせるだけ。1人分の材料費はわずか53円。ほろ酔い気分でも手軽に作れる本品は、晩酌タイムのヘビロテメニューとなるはずです。

 極端な食事制限が設けられているダイエットは健康的でないだけでなく、生きる楽しみも奪ってしまうように感じられます。対して、糖質オフダイエットは好きなものを諦めず、食べる楽しみとスリムな体の両方を手に入れられるのが特徴。二の足を踏んでいる方こそ、これを機においしい節約レシピで家計もボディもダイエットしてみませんか?

文=古川諭香