【コンパスを用意!】家の玄関はどの方角? 2020年幸運を呼び寄せる部屋づくり

暮らし

公開日:2020/1/1

幸運を呼び寄せる!ワンルーム占い

監修:
出版社:
辰巳出版
発売日:
『幸運を呼び寄せる!ワンルーム占い』(samo/辰巳出版)

 年が明けて心機一転、引越しを決意したという人もいるだろう。もしくは進学や就職で春から新生活を始める予定の人もいるかもしれない。近頃は「引越し難民」という言葉があるくらい、住まい探しのハードルが上がりつつある。だからなるべく早い段階で物件を探して、余裕をもって引越しの手配や各種手続きを進めておくのがよさそうだ。
 
 引越しといえば、こだわりたいのは「家選び」。家は毎日の生活を支える大切な居場所なので、安心して長く住める物件を選びたい。さらに欲をいえば「幸運になる」素敵な家を見つけたい。
 
 そう願う人はぜひ『幸運を呼び寄せる!ワンルーム占い』(samo/辰巳出版)を参考に、風水の観点から素敵な物件を見つけだしてほしい。もちろん、この方法は今住んでいる住まいを「より幸せに」整えるためにも有効だ。

■欧米でも注目を集める「玄空飛星派風水」

 読者は、近年欧米でも注目を集める「玄空飛星派風水」という風水テクノロジーをご存じだろうか? これは「建物の運勢も人と同じように時間によって変わる」というロジックを取り入れた、時間と空間の概念を合わせた風水だ。本書では、よく知られている「風水」と「玄空飛星派風水」を組み合わせて、幸運が舞い込むような「住みたいワンルーム物件」の選び方を手助けする。

 本書を活用すれば、今住んでいるワンルーム物件の運勢を占うこともできる。運気の良くない部屋が、アイテムを置いたり家具の配置を変えたりするだけで、一気に幸運を呼び込むワンルームに生まれ変わるかもしれないのだ。

advertisement

 著者は、風水や東洋占術の講師として、占い師にもレクチャーを行う風水ライターのsamoさん。インターネット放送局「AGARU TV」や「Yahoo!映像トピックス」で累計再生回数1000万回超えを記録した人気風水占いのエッセンスをご紹介しよう。

■スマホで簡単! ワンルーム占いの方法

 本書が提案するワンルーム占いはとても簡単。用意するのはスマホだけ。スマホに内蔵された「コンパスアプリ」を立ち上げて、部屋の「重心」に移動しよう。スマホに内蔵されていなければ、方位磁石を活用しても大丈夫。

 重心とは、風呂場やトイレを含めたその部屋全体の中心点にあたる場所を指す。バルコニーをはじめとする共用部分は含めなくてOK。もし手元に物件の内覧でもらった見取り図があれば、簡単に重心を見極められるだろう。

 重心を見極めたら、ワンルームを構成する玄関、トイレ、キッチンなどがそれぞれどの方角に配置されているのか、コンパスアプリを使って確認しよう。ポイントは、45度ずつ分けたときに各配置がどの方位にあるのかしっかり見極めること。たとえばキッチンが南東か南で迷ったときは、多く入っている方(重心の大きい方)で判断してみよう。

■実践ワンルーム占い「玄関編」

 いよいよ本題。ワンルーム占いの実践編だ。本書では「玄関編」「ベッド編」「キッチン編」「トイレ編」「浴室編」の5つについて方位ごとに解説している。この記事では「玄関編」を例に要点を紹介しよう。

 風水の観点において、玄関は「気の入り口」としてとても重要な場所。さらに気の流れが早いので、他の場所に比べて風水の効果が出やすい。つまり風水の効果が出ているか判断するには最適の場所なのだ。

 玄関は、ドアから「気」が入ってきてスムーズに室内に流れるように、まずはガラクタやゴミを片づけて清潔にしよう。常にスペースを広くとって、良い気の流れを遮断しないように注意したい。

【玄関が北にある場合】
 北はもともと「暗さ」「寒さ」を象徴する方位。2020年は細かいいざこざが起きやすい1年になりそうだ。風通りの良い状態にするためには、赤系の花やすっきりした見た目の木を配置して、明るく澄んだ空気の玄関を演出したい。

【玄関が北東にある場合】
 北東は物事が落ち着かず、変わっていく象徴のある方位。ゆったりのんびりした暮らしには適さないかもしれないが、もし今までうまくいっていないことがあれば一発逆転のチャンスも。2020年は良い知らせが舞い込む予感。シックな花瓶に「黒っぽい色の植物」をいけると吉。良い気を呼び込むべく、たくさんドアの開け閉めをしよう。

【玄関が東にある場合】
 東は太陽が昇り、何かの始まりを感じさせてくれる方位だ。広く開放的にしていれば良いエネルギーをたくさん取り込める。ただし2020年はこの方位にやってくる運気はあまり良くないそうだ。仕事のストレスからくる病気に注意したい。玄関に草花を用意して、水にたまった悪いエネルギーを吸い取ってもらおう。

【玄関が南東にある場合】
 情報がたくさん集まってエネルギッシュな南東の玄関。風に乗っていろんなチャンスや出会いも運んでくれる。ただし2020年は、けがが起きやすいので注意。特に情報を鵜呑みにするとアクシデントが起きがち。そこで、コミュニケーションを表す黒色で玄関をシックにかざるといい。さらに波のようにサラサラ動くものを置けば、悪い気を良い気に変換できる。

【玄関が南にある場合】
 南にある玄関はとても開放的で、色々なものが外へ出ていく。芸能人やインフルエンサーなど著名人を目指すならば最適だが、隠し事などもすべてオープンにしてしまうので注意。2020年は、つまらない気分になりがちなエネルギーがやってくる。仕事や人間関係で胃が痛くなってしまうかもしれない。白いものでシンプルに飾るのが吉。白くてツヤツヤ、撫でたくなるようなグッズを置いて、自分を癒すことに努めよう。

【玄関が南西にある場合】
 この方位に玄関があると落ち着きが生まれ、小さなことからコツコツ積み上げていける。エネルギーの流れも安定しているので、大人な関係をじっくりと長続きさせていくことにも向いている。ただし2020年は派手な喧噪やもめごとが訪れそうな予感。恋の予感もあるが、ちょっとアダルトな香りが…。浮ついた気持ちがもめごとを起こすので要注意。赤や紫の動くものがラッキーアイテム。もし思いつかなければ、赤いアナログ時計でもOK。

【玄関が西にある場合】
 西にある玄関は、昼よりも夜に気の流れが活発になる。お金や楽しいことを運んでくるが、同時に生活のリズムは不安定になりがち。またお金が出ていったり、遊んでばかりで仕事が進まなかったり、困りごとが起きるかも。2020年は好調なエネルギーの風が吹き込みそうで、「何か大きなことをやるぞ!」と気持ちが大きくなる。仕事や試験などで良い結果が期待できるかも。ラッキーアイテムは「火を噴く怪獣」。もしくは赤色のひらひらした派手なレースやキャンドル。

【玄関が北西にある場合】
 北西の玄関は、住む人をどんどん落ち着かせてくれそう。そしてちょっぴり偉くなった気分を味わわせてくれる。気品あふれるステータスの高い人との縁も生まれやすいそうだ。2020年はビュービューと追い風が吹く年になりそう。状況の変化や良い出会いのチャンスをつかめるかも。さらに臨時収入の期待大。どんどん玄関を開け閉めして運気を上げていこう。オレンジや黄色のアイテムを置いて金運をアップさせたい。

 いかがだろうか? もし今ワンルームに住んでいるならば、本書を読んで2020年の運気をぐっと上げる玄関に生まれ変わらせよう。新生活でワンルーム物件を検討している人は、ぜひ幸運を呼び込む部屋を見つけてほしい。

 本書はワンルームをテーマに解説しているが、基本ルールは一軒家やファミリー向けの部屋に応用して占うことも可能だ。2020年を良い1年にしたいならば、まず自分の生活基盤である「家の運気」を確かめたい。

文=いのうえゆきひろ

この記事で紹介した書籍ほか

幸運を呼び寄せる!ワンルーム占い

監修:
出版社:
辰巳出版
発売日:
ISBN:
9784777824755