おとなしい言葉でカモフラージュされた、ハーレムもののひとつの境地

ライトノベル

2012/6/6

不思議だな、と思ったさ。 なにが? って、読後感が。 タイトル通り、「お兄ちゃん好き好き!」とブラコンを公言してはばからない妹と、古びた学生寮でふたり暮らしをして、さらにそこには次々と主人公=語り部に思いを寄せる美少女がホイホイと集まってくる物語なのだが…。もし、今書いた通りの王道ハーレム展開を地でいったら、たぶんそ... 続きを読む