真っ白な少女を掻き乱す妖艶な罪人たちの、罪深く見苦しい告白本

小説・エッセイ

2012/8/15

人間のどろどろとした欲望や、登場人物達の愛狂う姿に幾度となく目を背けました。 身勝手だ、卑怯だ、卑劣だ、 そういった描写の中に見え隠れする、人間らしさに救われながら、読み終えたといっても過言ではありません。 「姉が、死んだ」 全てはここから始まりました。事故死とされた姉の死の真相に迫るために妹は姉が通っていた高校に入... 続きを読む