舌圧が下がると全身に悪影響が!? 毎日の簡単エクササイズで健康増進をめざそう

健康・美容

更新日:2021/12/10

舌圧トレーニングで免疫力が上がる! 健康になる!
『舌圧トレーニングで免疫力が上がる! 健康になる!』(元島道信/主婦の友社)

 口がよく渇く、飲み物や食べ物でむせる、舌をかんでしまうことがある、滑舌が悪い……。ひとつでも思い当たる節があれば、もしかするとあなたの舌は弱っているのかもしれません。

 そう言って舌の機能の大切さを訴えるのは、歯科医師で医療法人社団幸歯会理事長、元島歯科クリニックで院長を務める元島道信先生。

 著書『舌圧トレーニングで免疫力が上がる! 健康になる!』(主婦の友社)では、舌がいかに全身の健康を支えているかを解説しています。

advertisement

体の不調の9割は、舌に関係している!?

 舌は食べ物の味を感じるための器官。そのイメージも間違ってはいませんが、本書によると、舌は筋肉でできていて、全身の骨や臓器などにつながっているそう。

 ですから、舌筋がおとろえてしまうと、それと連動して下あごや喉の動きが悪くなり、ひいては体にゆがみが出たり、姿勢が悪くなったり、体のさまざまなところに影響が出てしまいます。

舌圧トレーニングで免疫力が上がる! 健康になる! p18

 特に、下あごは顎関節の周囲の腱や筋肉により頭蓋骨とつながり、振り子のように揺れることで全身のバランスを取る役割を持っています。それが崩れたしわ寄せで、体はどこかで無理にバランスを取ろうとし、骨格のゆがみや筋肉の緊張を引き起こすのです。

 このように下あごがズレて噛み合わせが悪くなると、脳に負担がかかって認知機能の低下にもつながっていくのだとか! さらに、舌の重みで口呼吸になることも免疫機能の低下を招く恐れがあるそう。舌の機能を維持することは、口の中だけの問題ではなく、全身の健康づくりにも必要です。

舌は筋肉。筋肉は鍛えられる

 ではどうすれば? と不安になった方も、ご安心を。舌は筋肉なので、鍛えて舌を正しい位置に戻しましょう。

舌圧トレーニングで免疫力が上がる! 健康になる! p37

 スポットと呼ばれる位置に舌先がある、上あごの裏側に舌全体がくっついているのが、十分な舌圧がある状態。毎日、簡単なトレーニングをするだけでOKです。

舌圧トレーニングで免疫力が上がる! 健康になる! p73

舌圧トレーニングで免疫力が上がる! 健康になる! p74

口の中で舌を持ち上げて、タン! トン! と音を鳴らす運動です。朝起きて、口をゆすいだあとに行うのがおすすめです。

①「ア」の口を作る
②舌先をスポットに置き、舌全体を上あごに吸い付ける。そして口を大きく開けて舌の裏のヒモ(舌小帯)を伸ばす
③勢いよく舌を離し、「タン!」と音を鳴らす
④「ウ」を発音するときのように口を突き出して、舌をスポットに置き、「トン!」と鳴らす

 このほかに、ぐるぐるベロ回しのやり方や、ガムを使ってカミカミエクササイズ、風船トレーニング、毎日の食事をしながらの舌圧トレーニング、舌圧呼吸法など、日常の中で取り入れやすい方法を紹介。どれも簡単な上に、どうして舌を鍛えるのか医学的な解説もきちんとされているので、納得感を持って取り組むことができます。

「大げさでもなんでもなく、舌は『生命のスイッチ』。舌と歯の健康は、心身の健康の入口でもあるのです。しっかり整えて健康長寿をめざしていきましょう」と元島先生。

 健康のために運動しないと、とお考えの方は、まずは舌の運動から始めてみてはいかがでしょうか?

文=水卜小枝

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

舌圧トレ-ニングで免疫力が上がる! 健康になる!

著:
出版社:
主婦の友社
発売日:
ISBN:
9784074495627