入間人間の人気ライトノベル『電波女と青春男』がついに電子化!文庫未収録の短編2作品も特別定価にて配信開始!

BOOK☆WALKER

2012/2/10

テレビアニメにもなった人気ライトノベル『電波女と青春男』シリーズ全9冊が一挙に電子書籍化されました!文庫本未収録の短編2作品とあわせて、電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」にて独占配信されています!


『電波女と青春男』 入間人間


今回配信される文庫未収録の短編は、人気キャラクター・星宮社の本編登場前のエピソードを描いた『釣り女と超能力少女』と、シリーズのヒロイン・藤和エリオがある人物と出会うことから始まる『(元)神様女と宇宙少女』の2作品です。
雑誌掲載後、読者からの「もう一度読みたい」というリクエストに応える形で電子書籍化が実現したということです!今まで読み逃していた方は要注目です。
短編1作品ごと各170円という価格なので、これまでライトノベルを体験したことが無い方にもオススメです。


『釣り女と超能力少女』 入間人間

『(元)神様女と宇宙少女』 入間人間

 
同時にコミカライズ作品『電波女と青春男(1)』(電撃コミックス刊、著者:山根真人)も配信されているので、コミック派の方はこちらもチェックしてみてください。

さらに、同じ電撃文庫からは『キノの旅』で知られている時雨沢恵一の短編2作品、『抹殺者』と『おはよう -Sena Saw Emiko. Sena Didn’t See Emiko.-』も配信されています。
この2作品も文庫未収録作品で、これまで読むことのできる機会が少ない作品であったため話題になっています!
こちらの2作品はそれぞれ85円という非常にお求めやすい価格での提供です!


『抹殺者』 時雨沢恵一

⇒■BOOK☆WALKER公式サイト