体に合わない小麦をできるだけ摂らない生活へ。 体調はどう変化した?/小麦粉を食べると不調になる私たち

健康・美容

公開日:2023/4/17

 頭痛、肌荒れ、口内炎、胸やけ、便秘…。その体の不調、自分の体に合わない食べ物が原因かもしれません。

 全人口の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患しているといわれている現代(平成23年、リウマチ・アレルギー対策委員会報告書より)。そんななか、アレルギーではないけれど、特定の食品により不調をきたす「過敏症」の存在が明らかになってきました。

 著者の相川スエさんは、アレルギーではないけれど、小麦粉によって不調が出ていたと発見します。小麦粉をやめたことで慢性的な体の不調が見事に改善! 以後、母と娘の親子三代でグルテンフリーに転向してきた記録を『小麦粉を食べると不調になる私たち アレルギーではないけど食べられないってどういうこと?』にまとめました。

 もし何かしらの心当たりがあったら、本書をきっかけに自分に合う食べ物について考えてみてもいいかもしれません。

 小麦の除去テストの結果、私も娘も小麦が食べられない体質であることが判明。本格的な小麦なし生活に切り替えると、ふたりの体調がみるみる変化!

※体の不調やアレルギーの原因は個人により異なります。治療方法や対応は必ず医師と相談の上で行ってください。
※本作品は書籍『小麦粉を食べると不調になる私たち アレルギーではないけど食べられないってどういうこと?』(相川スエ:著、幕内秀夫:監修/ポプラ社)から一部抜粋・編集しました

【30日間無料】Amazonの読み放題をチェック >


小麦粉を食べると不調になる私たち アレルギーではないけど食べられないってどういうこと?
『小麦粉を食べると不調になる私たち アレルギーではないけど食べられないってどういうこと?』(相川スエ:著、幕内秀夫:監修/ポプラ社)

小麦粉を食べると不調になる私たち アレルギーではないけど食べられないってどういうこと?

本作品をAmazon(電子)で読む >

本作品をRenta!で読む >

あわせて読みたい