秦の始皇帝はスピリチュアルにハマって●●を飲んでいた!?/『東大名誉教授がおしえる やばい世界史』①

エンタメ

更新日:2019/7/31

東大名誉教授がおしえる やばい世界史

著:
監修:
その他:
出版社:
ダイヤモンド社
発売日:

世界史に登場する偉人には、人並みはずれた“すごい”面がある一方、「まさか、そんな…」と思わず言ってしまう“やばい”面もあったのです。『東大名誉教授がおしえる やばい世界史』(本村凌二:監修、和田ラヂヲ:イラスト/ダイヤモンド社)から、そんな偉人たちの“すごい”と“やばい”をご紹介します。

『東大名誉教授がおしえる やばい世界史』(本村凌二:監修、和田ラヂヲ:イラスト/ダイヤモンド社)

■「始皇帝」のここが“すごい”! 12才で王になり中国全土を統一する

『東大名誉教授がおしえる やばい世界史』(本村凌二:監修、和田ラヂヲ:イラスト/ダイヤモンド社)

 始皇帝は秦という国の王子でしたが、当時の中国は国内で7つの大国が争う春秋戦国時代。隣の敵国・趙で人質になっていた父においてけぼりにされ、殺されそうになりながら育ちました

 しかし12才のときに父が死んで秦に呼びもどされ、秦王になった始皇帝は覚醒。幼いかれを操っていた補佐役を追放し、法律を整備して軍隊を強くしました。そして自分をいじめていた趙を攻めて大勝し、ほかの5か国をも打ち破って中国全土を統一! 万里の長城とよばれる長大な石の壁を建てて、国境を守りました。

この記事で紹介した書籍ほか

東大名誉教授がおしえる やばい世界史

著:
監修:
その他:
出版社:
ダイヤモンド社
発売日:
ISBN:
9784478108581
■監修者
本村凌二(もとむら・りょうじ)
東京大学名誉教授。博士(文学)。
1947年、熊本県生まれ。東京大学教養学部教授、同大学院総合文化研究科教授を経て、2014年4月~2018年3月まで早稲田大学国際教養学部特任教授。専門は古代ローマ史。
著作に『多神教と一神教』『愛欲のローマ史』『はじめて読む人のローマ史1200年』『ローマ帝国 人物列伝』『競馬の世界史』『教養としての「世界史」の読み方』『英語で読む高校世界史』『教養としての「ローマ史」の読み方』など多数。

■執筆
滝乃みわこ (たきの みわこ)
編集者。広島県出身。
編集担当に『ねこねこ日本史』シリーズ(実業之日本社)、著書に『東大教授がおしえる やばい日本史』(ダイヤモンド社)、『乙女の日本史』シリーズ(KADOKAWA)など。

■イラスト
和田ラヂヲ(わだ らぢを)
漫画家。愛媛県松山市現住。
おもな著書に『和田ラヂヲのここにいます。』『和田ラヂヲの 嫁に来ないか?』(集英社)など。

■イラスト
亀(かめ)
漫画家。世界史漫画WEBサイト「歴史系倉庫」管理人。世界史の面白い人物・エピソードを漫画化している。