絶世の美女が現れたと思いきや…私の夫!? 女だらけの後宮で一体何を…/『後宮妃の管理人』⑦

文芸・カルチャー

2019/12/19

勅旨により急遽結婚と後宮仕えが決定した大手商家の娘・優蘭。お相手は年下の右丞相で美丈夫とくれば、嫁き遅れとしては申し訳なさしかない。しかし後宮で待ち受けていた美女が一言――「あなたの夫です」って!? 後宮を守る相棒は、美しき(女装)夫――? 12月13日には最新2巻が発売!

『後宮妃の管理人 ~寵臣夫婦は試される~』(しきみ彰:著、Izumi:イラスト/KADOKAWA)

 再び珊瑚殿に戻った頃、こんこんと扉が叩かれる。仕事をしようと執務机に座ろうとしていた優蘭は、首を傾げた。

「どちら様ですか?」

『内食司の者です。昼餉をお持ちいたしました』

 ……おお、そっか。昼餉か。

 もうそんな時間だったかと、優蘭は驚く。やることが多いので、食事のことをすっかり忘れていた。

「どうぞお入りください」

『……失礼いたします』

 開いた扉の先を見て、優蘭は絶句する。

 扉の先には――絶世の美女がいた。

 射干玉の髪は絹糸のようにさらさらで、肌は抜けるように白い。睫毛も長く、切れ長の瞳の目尻に一つ黒子があり、それが色気を醸し出していた。

 優蘭より頭一つ分高い身長を持つ彼女は、橙色の女官服――内食司の女官服――を優雅に着こなしている。

 その美しさに、優蘭は目を見張った。

 こんなに美しい女性が、後宮女官にいるのね。

 さすが、美しい女性ばかりを集めた場所だ。皇帝のその情熱にだけは感心する。

 女性は食事を載せた盆を両手に持ち、優雅に歩いてきた。彼女は優蘭の顔を見ると、一瞬目を見張る。だがそれもほんのわずかだ。てきぱきと、卓上に食事を並べていく。

 粥、油条、焼豚。どれも湯気を立てており、良い香りが漂ってきた。

 しかし何故だろうか。それが、二人分ある。

 ……二人分?

 優蘭は首を傾げた。優蘭はそんなにも食欲旺盛に見えただろうか。

 すると彼女が立ち上がり、ぺこりと頭を下げた。

「優蘭さん。このようなお見苦しい姿での挨拶と相成り、申し訳ありません」

「……へ?」

 あれ? さっき声をかけてきたときより、声が低い……?

 しかもその声はどこか、聞いたことがあった。黒子の位置が同じでごくごく身近にいるある人物の顔が、不意に重なる。どっと、嫌な汗が背中を伝った。

「えっと……どこかで、お会いしました?」

「……はい。今朝方」

 顔を上げた彼女は、決まりが悪そうな顔を背け言う。

「珀皓月。あなたの、夫です」

 ………………はい?

 

「この姿では、蕭麗月と名乗っております。なのでできれば後宮内では、そう呼んでいただけたらと……」

「わかり、ました……」

 優蘭と、女装皓月。

 二人は卓を挟み、向かい合って座っていた。

 何度見ても完璧な女装姿に、優蘭は感心する。一致点と言えば黒子くらいで、親しい人でもこれは分からないだろう。

 そんな視線を感じ取ったのか、皓月は目をそらしながらも訥々と語り始める。

「わたしが後宮に入ったのは、一ヶ月ほど前。優蘭さん一人だけでは心許ないからと、陛下がわたしに命じたのです」

「そうですか……陛下が……」

 真面目に、今代皇帝は側近に対して何を命じているのだろうか。

「はい。ですがその……今回の話を引き受けたのは、わたしが純粋に優蘭さんのことが心配だった、というのもあります」

「それは……ありがとうございます」

 皇帝は一度でいいので、皓月の爪の垢を煎じて飲んだほうがいいと思う。

「そしてわたしが内食司に難なく入れたのは、女官長がこちら側の人間だからです」

「……こちら側とは、どういう意味でしょうか?」

「派閥の問題ですね」

 分かりやすいようにか、皓月は部屋に置いてある紙を持ってきた。そして皿の位置を少しずらしてから、そこで書き物をする。上のほうから『革新派』『保守派』『中立派』の三文字が、間隔を開けて書かれた。それぞれが楕円で囲まれる。

「現在貴族の間では、『革新派』と『保守派』、そして『中立派』と三つの派閥が存在するのです。これは異国文化を取り入れるか否か、という派閥です」

 ……異国文化に関する派閥なの?

 というより、そういう情報はもっと早く教えて欲しい。むしろそこを重点的に書いて、資料にしてくれないだろうか。

 優蘭がそう考えていると、皓月がさらさらと筆を走らせた。

 そして『革新派』の横に、『皇帝陛下』『内食司女官長』と書く。

『保守派』の横に、『内侍省宦官長』『内官司女官長』と書き連ねた。

 それを見れば、皓月が言っていたことが瞬時に理解できる。

 なるほど、内食司の女官長は同派閥だから、協力してくれてるってことね。

「この図を見て、なんとなく理解できました」

「それは良かったです」

「ただ一つ、気になる点があります」

「なんでしょう?」

「何故私は、敵派閥の真っ只中に放り込まれたのでしょう?」

 優蘭は『内官司女官長』と書かれた文字を指差しながら、にこりと微笑んだ。瞬間、皓月が勢い良く目を逸らす。

「……皓月様?」

「で、ですから、麗月と……」

「では麗月様、お答えください」

 満面の笑みで脅せば、皓月は縮こまりながら教えてくれた。

「陛下のご判断です……そのほうが、後宮内部を引っ掻き回せるから……と……」

「………………へえ、そうですか」

 ふつふつと、怒りがこみ上げてくる。

 利用されている。それはまだ良い。だがそれを言わないのは、一体どういう了見だ。

「事前に言ってくれたら良いではありませんか」

「それが……後宮に入ってから説明しろと陛下が仰せになられまして……」

 ちくしょう。どこまでいっても皇帝が、優蘭の邪魔をする。

 そこで優蘭は気づいた。

 そういえば……あれ? 私朝、皓月様と一緒に馬車に乗ったわよね? それってつまり……一度、宮廷のほうに行っている?

 嫌な予感がした。

「……え、待ってください。え……え? もしかして麗月様は、右丞相の仕事をしてからこちらにきたのですかっ?」

「そうですね……そういうことになりますね……」

 優蘭の怒りが、沸点に達した。

 婚姻の件と言い、今回の女装と言い……一体どんだけの負担を強いているんだ! あの野郎!

 臣下だからって、何をしてもいいわけではないはずだ。

 優蘭は怒りのあまり、勢い良く立ち上がって目の前にあった卓を叩いた。皿が震え、匙が床に転がる。

「皓月様!」

「は、はい?」

「何故断らないのですかっ!」

「は、はい……はい!?」

 皓月が目を瞬かせる。

 優蘭はつかつかと歩み寄ると、座る皓月の肩を掴んだ。びくりと、皓月の肩が震える。

「いいですか、皓月様。自分の身に起きていることを、改めて考え直してください」

「は、はい……」

「まず初めに、私との婚姻です。皓月様は二十六歳、まだ働き盛り、嫁選び放題の時期です。それなのに、よりにもよって相手は二十八歳嫁き遅れ。しかも貴族ではなく、商人の娘です。この時点で、皓月様はかなり損しています」

「……なる、ほ、ど?」

 ああ、この反応駄目だ! この人、自分が不幸だっていう自覚がない!

 優蘭はさらに言葉を重ねた。

「二つ目は、私と生活するにあたり、全ての負担を珀家が担っていることです。いいですか、本来なら嫁側にも金銭的負担を求めるものです。ですが皓月様は、衣食住全てを負担なさっています。凄まじい損失ですよこれ!」

 皓月の肩を揺らしながら、優蘭は力説する。

「そして極め付けは、今回の女装ですよ! なんですかそれ! しかも普段の仕事をしながら、私の補佐までするとか! どんな無茶振りですか!?」

「え……ええ……」

「なんですか、その反応」

 驚愕とも困惑とも言える反応を見せる皓月に、優蘭は半眼を向ける。

 皓月は、恐る恐るといった様子で口を開いた。

「先ほどから、わたしのことを案じてくれているようですが……わたしに対して、怒ったり気持ち悪がったりはしていないのですか?」

「怒る? 気持ち悪がる……って、何をですか?」

「無理矢理婚姻させられたこととか……その夫が女装をして現れたこととか……諸々全部ですね」

 え……この人、一体何を言っているの?

「えっと……無理矢理婚姻されたのは、皓月様も一緒ですよね?」

「それは……」

「そしてその夫が女装していたからといって、気持ち悪がる人っているんですか? 陛下に命じられたなら、誰だってやるのでは?」

 むしろ似合いすぎていて怖い。優蘭より女らしいのではないだろうか。それに趣味で女装しているのではなく、皇帝に命じられて女装しているのだ。不憫だとは思うが、気持ち悪いと感じたりはしない。

 ぽりぽりと頬を掻いて困惑する。

「えっと……」

 だから。皓月がそこまで驚いている理由が、優蘭には理解できなかった。

「……皓月様。一ついいですか?」

「な、なんでしょう?」

「今回の婚姻に関して、です。皇帝陛下の思惑に関しては聞きましたが、その辺り、皓月様はどうお考えなのですか?」

「どう、と言われましても……わたしは、今回の婚姻に乗り気でしたよ……?」

「……相手が、年増の嫁き遅れなのに?」

 そう問うたが、皓月は困惑した顔をしたまま首を傾げている。そこに、嘘をついている感じは全くなかった。

 優蘭を見上げながら、皓月は言う。

「なら、逆に聞きたいのですが……優蘭さんはわたしとの婚姻を、どう考えてましたか?」

「どうって……断れないことを差し引いても、割と優良案件だなと思ってました」

「……結婚生活を送っている間、何か不満を抱いたことはありませんか?」

「先ほども申しましたが、私お屋敷でものすごく優遇されてますよね? 生活に不満なんてあるわけないじゃないですか」

「なら、わたしに対する不満は……?」

「……強いて言うなら、皓月様との距離感を測りかねているところでしょうか」

「……距離感、ですか?」

「はい。……だって皓月様、私のこと避けてますよね?」

「……いや、なんというか、それは……」

 皓月の瞳がゆらゆらと揺れている。彼はとても不安そうだった。

「……言えば、あなたのほうからわたしを避けます」

「え? もしかして男性の方が好きだとか、そういう性癖の話ですか?」

「……いや、違いますよっ?」

「あ、そうですか。でしたら、他に好きな女性がいるとか?」

「そちらも違いますよ! 優蘭さんはわたしをなんだと思っているのですか!?」

 あ、違うのね。

 慌てた様子で否定してきたので、間違いないはずだ。

 それなら一安心だ。愛人と一緒に暮らすという展開にはならない。まあなったらなったで、適当にやり過ごすと思うが。

「なら別に言わなくていいですよ」

 皓月が目を丸くする。女装していることもあり、なんだか可愛らしく見えた。

 面白いなーと思いつつ、優蘭は元いた席に座る。

「言いたくなったら教えてください。私は別にそれで構いませんから」

「……気にしないのですか?」

「無理強いはしませんよ。……ただ一つだけ」

 指を一本立て、優蘭は真顔になる。

 ごくりと、皓月が喉を鳴らした。

「仕事はしっかりこなしたいので、そこは是非とも協力してください。私、それを理由に首を切られたくはないので」

「あ……はい」

 その反応に満足した優蘭は、ぱんっと手を叩く。

「では、一緒に昼餉にしましょうか」

<第8回に続く>