読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

作文のなかの大日本帝国

作文のなかの大日本帝国

作文のなかの大日本帝国

作家
川村湊
出版社
岩波書店
発売日
2000-02-24
ISBN
9784000009072
amazonで購入する

作文のなかの大日本帝国 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

印度 洋一郎

戦前、日本が支配した満洲や朝鮮、南洋諸島で日本語教育の一環として行われていた作文(当時は「綴り方」と呼ばれた)から、大日本帝国の言語政策を検証する。言葉は思考の発現なので、日本語を学ぶということは、取りも直さず日本の価値観を受け入れるということだった。植民地の少年少女達が、「日本語を上手く話せるようになりたい」とか「お兄さんが兵隊さんになって、私は嬉しい」とか、どういう気持ちだったのだろう、と考えると複雑な気分になる。今の価値観で図ってしまうのは、危険なことなのだが、つい考えてしまった。

2012/06/09

感想・レビューをもっと見る