KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

すべての恋が終わるとしても―140字の恋の話―

すべての恋が終わるとしても―140字の恋の話―

すべての恋が終わるとしても―140字の恋の話―

作家
冬野夜空
出版社
スターツ出版
発売日
2022-03-28
ISBN
9784813791355
amazonで購入する Kindle版を購入する

「すべての恋が終わるとしても―140字の恋の話―」のおすすめレビュー

【累計17万部突破】切ないほど、まぶしくて、美しい――「30秒で泣ける」新しい時代の恋愛小説集

 今、TikTokで、ある超短編小説集がバズりまくっている。それは、『すべての恋が終わるとしても―140字の恋の話―』と、その第2弾『すべての恋が終わるとしても―140字のさよならの話―』(ともにスターツ出版)。冬野夜空さんがTwitterに投稿していた140字小説を書籍化したものだ。累計発行部数は17万部を突破。「30秒で泣ける」として、10代~20代を中心に大きな話題を呼び、重版が追いつかないほど、売れに売れているという。

 たった140字。とてつもなく短い恋の物語。文字数制限のない長編小説とは違って、どうしたって語られることは限られているはずだ。それなのに、どうしてこんなにも惹きつけられるのだろう。140字ピッタリの物語は、私たちの感情を揺さぶってくる。

「深夜のコンビニに一緒に行ったり、一日中ふたりでダラけたり……」 片恋相手の君は次々と理想の恋人像を挙げていく。 でも、それは全部俺と経験したことばかりで、欠けている要素なんて——。 「あとは……強引な一面がある人もいいなぁ、なんて」 そう照れ笑いする君の顎を持ち上げ、了承のないキスをした。 …

2023/9/8

全文を読む

「30秒で泣ける、切ない恋の超短編」がTikTokで大バズリ! 140字で紡がれる恋愛物語に「内容が濃密」「文字数以上の満足度」と反響続々

 小説家・冬野夜空の30秒で泣ける切ない恋の超短編「すべての恋が終わるとしても」シリーズが、TikTokで大きな話題になっている。短いながらも読みごたえのある恋愛ドラマの数々に、読者から感動と共感の声が後を絶たない。

『すべての恋が終わるとしても-140字の恋の話-』(冬野夜空/スターツ出版)

 同シリーズは、著者の冬野氏が自身のX(旧Twitter)に投稿していた140字小説を書籍化したもの。2022年3月28日に第1弾となる『すべての恋が終わるとしても-140字の恋の話-』が発売され、「30秒で泣ける」と口コミなどで話題に。

 そして2023年4月28日にシリーズ第2弾『すべての恋が終わるとしても-140字のさよならの話-』が刊行されると、読者が同書を紹介したTikTok動画を投稿。これが起因となって、今や同シリーズは記録的な売り上げを叩きだしているという。

 第1弾は「140字の恋の話」と「短編小説」などが収録されており、切ない恋の始まりと終わりがエモーショナルに綴られている。

 たとえば収録作の一つにある「後悔しないように」というエピソードは、幼な…

2023/8/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

すべての恋が終わるとしても―140字の恋の話― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

「家族というのはきっと、喜怒哀楽の全てを共有し合える関係なんじゃないかって。」印象に残っている一文です。サラッと読める超短編で140文字ぴったりにおさめられたショートストーリーに想像を膨らませます。個人的には、神田澪さんの「最後は会ってさよならしよう」が起承転結がハッキリしていて、どんでん返し感というか予想を見事に外してくる感が強かったように思います。短編に対談に読んで損はなく、すべての恋が終わるとしても幸せだったあの瞬間だけは、きっと永遠だ。まさに、今の”私”に必要な言葉がきっと見つかる。

2022/09/26

どちらかといえばどろどろとした恋愛に目を向けた小説です。不倫だったり、メンヘラの彼女だったり、浮気だったり、でも私にとってはとっても面白く感じました。少女漫画のような甘々読むのは苦手な方にはぜひ読んでもらいたいです

ひなた💙🧸

たくさんの恋を140字で書いている。冬野夜さんの本だからこそ素敵な本に仕上がったんだと思います(*^^*) 知っている物語の1部もいくつかありました!

2023/06/05

おみず🎲🍣@低浮上なう

140字で綴られた恋のお話がいっぱい詰まっています。超短編なので気軽に読めます。「理想の恋人」「恋人の好物」が私の中ではお気に入りです。後の「虹の宝物」は本当に泣けました。辛さも喜びも悲しみも全て詰まっていて、とても素敵な作品です。

2023/06/28

さとも

140字で紡がれるショートストーリー、古書店バイトの男の子の短編、対談と飽きずに楽しめました。本当に140字かと疑いたくなるほど内容はぎゅっとしてました。サラッと恋の物語が読みたい時におすすめです。「最後のデート」「眠い理由」がすきでした!

2022/08/08

感想・レビューをもっと見る