KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君が残した贈りもの

君が残した贈りもの

君が残した贈りもの

作家
藤本ひとみ
出版社
講談社
発売日
2023-02-22
ISBN
9784065306420
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

君が残した贈りもの / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

数学界に自分の頭脳を捧げたいと願う高校生・上杉和典が、互い才能を認め合う野球部エース片山の早逝に触れ、彼が命を削っても成し遂げたかった真の目的を探し始める青春小説。自らの死期を知っていたはずの片山が、元ヤンキーの大木文武を野球部に引き入れていたことを偶然知ってその背景を探り始める上杉。際立つ家庭環境の格差も描きながら、飽きっぽい文武に野球を続けさせるべく、仲間の力も借りて手を打ってゆく上杉の手腕や、その後の展開はやや出来すぎな感もありましたけど、試行錯誤の先に彼が見出した真相と決意がなかなか印象的でした。

2023/04/19

まるぷー

新玉東高のエースの片山悠飛が元ヤンキーの大木文武を野球部に誘い入れる。悠飛は白血病で早逝するが、その遺志を継いだ数学の天才とされる上杉和典がバラバラになり掛けた野球部をまとめ文武を要してセンバツ優勝まで導く。数学と物理学的な観点と野球を平行して彼らの悩める将来を思考する。ぶつかりながらもお互いを認めていく青春物語。水谷前監督の「勝利にこだわらず野球を楽しめば想い出以外に自信と人生を楽しむことを覚える」に共感。片山もその言葉を贈り物として文武に託したのだと思う。

2023/04/06

hnzwd

主人公が甲子園出場を期待されていたピッチャーが最期に何をしたかったのか、を受け継いでいくというストーリーはまあ。。なんでそこまでするのか?って思ったり、特殊技能を持つ知り合いがポコポコ出てきたりと、違和感持ちながらよみましたが、、シリーズ物だったんですね。青い鳥文庫まで手を広げたら、また感じ方が違いそう。

2023/10/14

雪丸 風人

主人公の少年は数学の鬼。他人に関心の薄かった彼が、高校球界の至宝の遺志に心を動かされて奮起し、周囲を巻き込んで奔走するという物語です。少年が遠大な目標のために頭脳を活かしまくるところがクールだったな~。思わぬテーマが盛り込まれていると終盤で明らかになり、目が覚めるような思いでした。熱量高めの野球シーンも魅力でしたが、それだけではない深みがありましたね。孤高の主人公の価値観が出会いで塗り替わっていくところもイイ。ぱっと見、長っ!と狼狽えましたが、読み始めればすぐですよ、すぐ。(対象年齢は13歳半以上かな?)

2024/02/21

一五

選抜の決勝見て、読みだしたら高校球児の話だった。あの上杉君が珍しくも、人をかまいたおす。KZのメンバーは頼りになるな。しかしその球児がナカナカの………。が、上杉くんが 悩んでいた進路を見つけたかもしれないのもその球児の存在。次は皆 大学生なんだろうか あっまだ高2?

2023/04/03

感想・レビューをもっと見る