読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

"カミカゼ"公演記in NY―The winds of god

"カミカゼ"公演記in NY―The winds of god

"カミカゼ"公演記in NY―The winds of god

作家
今井雅之
出版社
岩波書店
発売日
1999-04-21
ISBN
9784000028356
amazonで購入する

"カミカゼ"公演記in NY―The winds of god / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Shimaneko

訃報を受けて本棚から引っ張り出す。もう20年以上前、何の予備知識もないまま、当時の会社の後輩に誘われて観にいった舞台は圧巻だった。すごい役者だったなぁ。ご冥福をお祈りします。

2015/05/29

法水

今井雅之さんが1998年、脚本・演出・主演を務める舞台『ザ・ウインズ・オブ・ゴッド』をオフ・オフ・ブロードウェイで上演した際の顛末を語ったドキュメント。事務所への失望、膨らむ制作費、なすべき仕事をしないスタッフ……問題山積の中、希望を捨てずに憧れのニューヨークでの上演を果たしたその熱意に圧倒される。宣伝もろくにできず、7人しか客がいない日もありながら、ニューヨークタイムズに劇評が載り、ソールドアウトする日も出てくる。舞台にかける情熱を知るにつけ、本物の役者の一人だったのだなぁと改めてその死が惜しまれる。

2015/06/05

こっこ

★★☆☆☆今井氏の「ウインズ・オブ・ゴッド」NY公演のドキュメント。彼の夢であるNY公演を実現するに当たり、金銭の問題、スタッフの質、英語の未熟さなど様々な難問が立ちはだかるが、それを情熱と根性で乗り越え公演を成功させるという、夢と希望に満ちたサクセストーリーである。いや、些か皮肉めいた口調になってしまったが、ホントに皮肉である。結局ほとんど無能なキャスト、スタッフへの愚痴と「がんばった自分」への賛美、それなのにそんな実績を認めてくれない日本のマスコミ、芸能界への呪詛に終始している。この人もういいや。

2015/08/09

感想・レビューをもっと見る