読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロバート・キャパ時代の目撃者

ロバート・キャパ時代の目撃者

ロバート・キャパ時代の目撃者

作家
ロバート・キャパ
リチャード・ウェーラン
原信田 実
出版社
岩波書店
発売日
2004-01-24
ISBN
9784000081863
amazonで購入する

ロバート・キャパ時代の目撃者 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

写真という媒体は真実なようで、やっぱり切り取る側の意思が働く不思議な表現方法です。この著名な写真家の視点は、どこかに人間への甘い感情があって、ほっとします。

2016/01/26

Koki Miyachi

キャパの代表作たち。言葉は要らない。厳然とした現実の重みを受け止めるのみ。必要なのは綺麗な写真ではなくリアリティを捉えた写真なのだ。ところで「崩れ落ちる戦士」の真実は一体?

2015/08/13

貧家ピー

「キャパの十字架」を読み終わった後もキャパの写真集を図書館で借りてるが、前回とは違う写真集を。フランス・シャルトルの写真、ドイツ兵の子供を産んで剃髪された女性を蔑む市民の視線に、人間を感じる。

2015/07/12

森香

臨場感のある写真集。キャパは被写体となった人物に接近し、その顔をはっきり写し撮っている。顔がその人物の置かれた状況を伝えてくる。人類の共通言語は英語でも数式でもなく表情なのだと感じる。 しばらく見ていると、写っている人物が私に向かい話し出すことまで想像できる。キャパは人間に強い親しみを持っていたのだろうと思う。

2014/10/11

感想・レビューをもっと見る