読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

住基ネットの「真実」を暴く―管理・監視社会に抗して (岩波ブックレツト)

住基ネットの「真実」を暴く―管理・監視社会に抗して (岩波ブックレツト)

住基ネットの「真実」を暴く―管理・監視社会に抗して (岩波ブックレツト)

作家
斎藤貴男
出版社
岩波書店
発売日
2006-08-04
ISBN
9784000093811
amazonで購入する

住基ネットの「真実」を暴く―管理・監視社会に抗して (岩波ブックレツト) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

内閣府マイナンバー(以下MN)制度の前史。2003年の田中知事だった時長野県は住基ネットの安全性に問題があるとテストして指摘(表紙裏の年表)。プライバシー、個人情報保護をいかに確保するかの問題。違憲の問題(8頁)。ICカードにこだわるのはMN制度に継承されているのだ。人間の尊厳や自由をも奪うという(16頁)。警察権力等の機関が犯人特定を容易にするのだろうな。テロの恐怖と超監視社会(61頁~)。こうした問題意識をもって、これからMN制度の本を若干検討してみたい。ちなみに、評者は昨年4月説明会に出席している。

2013/03/04

感想・レビューをもっと見る