読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

性役割 (新編 日本のフェミニズム 3)

性役割 (新編 日本のフェミニズム 3)

性役割 (新編 日本のフェミニズム 3)

作家
天野 正子
伊藤 るり
井上 輝子
伊藤公雄
上野千鶴子
出版社
岩波書店
発売日
2009-07-28
ISBN
9784000281386
amazonで購入する

性役割 (新編 日本のフェミニズム 3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐々木

自分がもし女性の配偶者を持つ事になった時に心にとめておきたいと思った。

2017/05/30

竜崎

I 性役割の史的成立と現在 ●性役割の史的成立 戦略としての女――明治・大正の「女の言説」を巡って (牟田和恵) ●主婦役割 「主婦研究」のすすめ (原ひろ子) ●イエ制度と性役割 日本の婚外出生の歴史的変遷  (善積京子) ●イエ制度と性役割 介護とジェンダー (春日キスヨ)      II 性役割の形成と葛藤 ●母と娘 母と娘がかくメッセージ (平川和子) ●少年少女期のジェンダー形成 物語のなかのセクシュアリティ   ――男性像と女性像の相互性をめぐって (関礼子) ●ジェンダー・アイデンティティの

2013/10/05

感想・レビューをもっと見る