読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天からふってきたお金―トルコのホジャのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (9))

天からふってきたお金―トルコのホジャのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (9))

天からふってきたお金―トルコのホジャのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (9))

作家
アリス・ケルジー
和田誠
岡村 和子
出版社
岩波書店
発売日
1964-07-15
ISBN
9784001103090
amazonで購入する

天からふってきたお金―トルコのホジャのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (9)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

トルコのとんちの物語で、日本でも似たようなものがある気がしました。いくつかの話があって読んでいて楽しくなります。また絵も和田誠さんなのでぴったりの雰囲気です。たまにはこのような話もいいですね。

2016/04/17

みつばちい

トルコの有名なホジャおじさんの昔話集。智慧者なのに抜けてるところもあり、賢いのかまぬけなのか分からないところが面白い。三つの金曜日、天からふってきたお金、名裁判官ホジャ、スモモのおみやげが特に好きかな。吉四六、一休、彦一ばなしなどが好きな長男によさそう。とても気に入った一冊。

2019/05/30

秋良

トルコのとんち話。出てくる王様はスルタンじゃなくてティムール王。トルコでは今でも白い髭のお爺さんを「ナスレッディン・ホジャみたい」と言うらしい。なんか可愛い。

2019/03/21

みー

図書館本。トルコのホジャおじさんのとんち話。なのだが、とんちなのだか・・天然なのだか??笑えるお話が沢山。

2017/04/16

Kira

岩波おはなしの本シリーズ。トルコのナスレッディン・ホジャがくりひろげるとんち話集。とんち話ばかりではなく、時々ホジャはまぬけなこともする。ホジャはトルコの人々が理想とする人柄のようだと、あとがきにある。テンポのよい話が16編おさめられた本書は楽しいのだろうけれど、個人的に好みではなかったかな。

2017/10/04

感想・レビューをもっと見る