読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

からたちの花がさいたよ――北原白秋童謡選 (岩波少年文庫)

からたちの花がさいたよ――北原白秋童謡選 (岩波少年文庫)

からたちの花がさいたよ――北原白秋童謡選 (岩波少年文庫)

作家
北原白秋
与田 凖一
初山 滋
出版社
岩波書店
発売日
2015-03-18
ISBN
9784001142242
amazonで購入する

からたちの花がさいたよ――北原白秋童謡選 (岩波少年文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

言葉はリズムだと思う。たとえ散文を読むときも、単調な文を読むと泣きたくなってしまう。もともと言葉は声に出すものなので、独特の音と響きを持っている。北原白秋の童謡はリズミカルに書かれており、読んでいると読み手の心も弾んくる。音の組み立て方もきちんと考えられており、節をつけなくても頭の中にメロディーが聞こえることがあった。「からたち」、「お月さま」、「ペチカ」といった素朴なイメージがリズムのある言葉にのせられて、自分の中の童心が生き生きと動き出すのは、本当に楽しいひと時だった。

2017/11/19

たつや

無意味に借りましたが、レトロな喫茶店で珈琲飲みながら読了。歌詞をみて歌える詩は、本の数曲でした。「ペチカ」と「ゆりかごのうた」を読んでるときに、何故か泣いた。

2016/12/16

サルビア

あの児童文学作家、与田準一編の北原白秋童謡選です。小学校の教師として働きながら「赤い鳥」に童謡詩を投稿していた与田準一は、22歳の時に上京し、白秋に師事したそうです。この本は、四季と無季のものが載っています。言葉が綺麗で、読むのにリズムがあってどの詩も良かったです。

2019/05/17

おはなし会 芽ぶっく 

5年生のブックトークでの選書。『五十音』 https://bookmeter.com/books/16202965 で北原白秋を紹介し、こちらも…と思っていたのですが、詩集なので感想が書きにくいかな?と今回は見送り。春夏秋冬の詩をまとめています。ちなみに五十音は、「いろいろのうた」で、四季には入っていません。「いろいろのうた」には、『赤い鳥小鳥・山かつぎ』など童謡になっているうたも入ってます。

2020/12/09

もぐら

詩の読み方とかは知らないので歌詞カードを読むような気持ちで読む。あめんぼ赤いなあいうえおも、雨あめふれふれも待ちぼうけも北原白秋だったか。言葉それだけでも人づてに伝わるものだけど、詩にメロディがつくともっと遠くまで広がっていく不思議。白秋が見出す優しい世界とそれを表現する音が面白くて、たちつてたったと飛び立ったとか、夏がきたきたドレミファソ、沼の田べりのたんぽぽぽ。こんなん、みんな、好きじゃないですか(大の字)

2020/09/23

感想・レビューをもっと見る