読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まほうのスープ

まほうのスープ

まほうのスープ

作家
ミヒャエル・エンデ
ティーノ
Michael Ende
ささき たづこ
出版社
岩波書店
発売日
1991-06-25
ISBN
9784001155167
amazonで購入する

まほうのスープ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おはなし会 芽ぶっく 

山の上にある二つの王国にそれぞれ生まれた王子と王女。洗礼式のお祝いに呼ばれなかった親戚の魔女・ゼルペンティーネは、怒りをこめて魔法の掛かった贈り物をそれぞれの国に送りつける。その贈り物をめぐる争いから滅亡の危機に瀕する二つの国。自分たちのことしか考えられない大人たちのせいでどんどんややこしいことになっていったけど、解決策は本当に単純なこと!

2020/03/22

KAZOO

ミヒャエル・エンデが文で絵がまるっきり別の人物が書かれていますが、両方ともおもしろいのですが、それを一緒にしてしまうと何かミスマッチングのような感じがします。別々に作って2冊の本があればいいと感じました。内容的には結構面白いと感じましたが。

2014/02/23

ヒラP@ehon.gohon

ミヒャエル・エンデのお話は哲学的です。 一つの山をはさんだお城の、究極的な思いのすれ違い。 見ている方は楽しめるのですが、自分勝手な論理で展開するすれ違いは身の回りに結構あるようです。 それぞれのお城の王子様とお姫様は、簡単に解決策を見つけていました。 山の上で一緒に仲良く暮らすこと。 それがどうしてもできない二つの家族は、悪い魔法にかかっているのでした。 読んでいるうちに笑ってもいられなくなりました。

2012/12/14

こどもふみちゃん 

主人がながかった~(>_<)と叫んでいたので、おっしゃ~っとリベンジのつもりで読み聞かせ、が、中途挫折。こんなに文章が長いのに、リピートが多いのは読み聞かせには不向きだ。目読ならまだしも。 ミヒャエルエンデ作に期待しすぎた(*_*)。残念賞でした。

2013/09/08

こどもふみちゃん 

主人読み聞かせ。→あんまり…との感想。せっかくミヒャエルエンデ借りてきたのに。わたくしも、読んでみるか。ちょっと読み聞かせるには長かったそうです。

2013/08/31

感想・レビューをもっと見る