読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔法の学校―エンデのメルヒェン集

魔法の学校―エンデのメルヒェン集

魔法の学校―エンデのメルヒェン集

作家
ミヒャエル・エンデ
Michael Ende
矢川澄子
出版社
岩波書店
発売日
1996-11-15
ISBN
9784001155433
amazonで購入する

魔法の学校―エンデのメルヒェン集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

秋製 

エンデのメルヒェン集。既読の作品、読んでみたいと思った話など、盛りだくさんの贅沢な本だと思いました。エンデの色々な作品に触れたいと思う方にお薦めします。

2013/09/14

miki

どの短編もおもしろいのだけれどチクっと刺さるような世間への怖さを表していて、二重に楽しめる作品なのはさすがミヒャエル・エンデ。「サンタ・クルスへの長い旅」では「モモ」へ繋がる鱗片が見えた。きっと彼は子どもの頃から、こういった子どもの孤独と刻まれる時間に目を向けていたんだろうな。

2015/03/12

ベガ@あやめ

エンデの短編集。すごく静かなきれいな世界観。みずき読みなさい。みずきだけじゃなく、大人になっちゃった人、心がきれいじゃなくなってしまった人も読め

2016/01/24

りりり

冒頭三行目から“...欠点というのは「本を読むこと」です”と入ってくる、エンデの短編集(小学4、5年以上)。個人的にエンデは大人向きな気がしてたけどこの本は小学生の感想が聞いてみたくなる感じ。「正しくいうと」「魔法の学校」「オフェリアと影の一座」が好きです。「カスペルとぼうや」せつなかった。

2014/02/26

レモン

どのお話もなんというか、ほとんどの登場人物が自己中心的だったのがおもしろく読めた。そこから何かを学びなさい、ということなんだろうけど…現代の子どもに読み説けるのかな? 『魔法のスープ』がお気に入りなのですが、これは今の国際情勢に通ずるところがあるなぁ。昔の作品は毒があるから好きなのかも。

2018/03/14

感想・レビューをもっと見る