読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いま考えなければならないこと――原発と震災後をみすえて (岩波ブックレット)

いま考えなければならないこと――原発と震災後をみすえて (岩波ブックレット)

いま考えなければならないこと――原発と震災後をみすえて (岩波ブックレット)

作家
加藤周一
凡人会
出版社
岩波書店
発売日
2012-11-07
ISBN
9784002708553
amazonで購入する

いま考えなければならないこと――原発と震災後をみすえて (岩波ブックレット) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

原発推進派は後のことを考えない、刹那的な発想できている(23頁)との指摘はそのとおりだと思う。彼らには、孫は居ないのだろうか? 今のところ、わが家は評者の世代で断絶すると思うが。加藤先生は、「未来をつくるためには、一つ一つが小さくとも、全体として大きな流れにならなくてはならない。少数意見がいくつかあるとき、多数意見にとってかわる。社会が変わる。それが民主主義のいいところ」(63頁)。多様性ある少数意見が個性を放ち、もって、多数派の常識を、少数派の常識(従来の非常識)がオルタナティヴとなる面白さが貴重。

2013/05/19

ぼーくー

☆☆☆☆

2014/04/04

toshokan-no-hito

読む進むごとに、頁をめくるたびに、新たな視点と意表を突く論考がアタマを刺激する。わずか60頁の奇跡。学生諸君よ、読むべし!考えるべし!そして疑うべし!それが加藤周一の望むところだ。

2013/03/06

dani

この本のもとになった雑談が行われたのは2000年。その時点で阪神大震災と東海村のJCO事は起こっていた。この雑談はそのままフクシマにつながっていた。『科学に「絶対」はない。「絶対」といったら、それは信仰の問題です。かくして「安全神話」ができあがる。』そうなると、東通原発の活断層を巡る解釈は問題外か。

2012/12/16

愛希穂

後で

2013/01/19

感想・レビューをもっと見る