読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)

蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)

蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)

作家
小林多喜二
出版社
岩波書店
発売日
2003-06-14
ISBN
9784003108819
amazonで購入する Kindle版を購入する

蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ベイス

松本清張の昭和史発掘「小林多喜二の死」の章に、多喜二の母が亡骸と対峙したときの言葉が記されている。「心臓が悪いって。どこ心臓悪い。どこもわるくねえ、子どものときからよう泳いどった~何も殺さないでもええこゥ、はァ、なんていうことを、どこゥ息つけんようになった」。この母の悲痛な慟哭を想いながら読む。不敬罪とされた、蟹缶詰の「献上品」のくだり。一語一句、(結果的に)命を賭して記した言葉。書かずにはいられなかったのだろう。胸に迫ってくる。

2021/01/09

Miyoshi Hirotaka

国家が国民に一方的に暴力を振るう局面が歴史にあった。ロベスピエールの恐怖政治、スターリンの農業集団化と大粛清、中国の文化大革命、ポルポトの大虐殺。残念なことに一国の悲劇は他国の歯止めにはならずに繰り返された。わが国の悲劇はこれらに比べはるかに小規模だったことは幸運。共産主義の世界革命論は既にドイツで破綻したにも関わらず、方針を変えなかった指導者が問題。共産主義の先に理想卿はなかったという答えを知った我々が引き出すべき教訓がある。それは、自国を他国のイデオロギー論争の舞台にしてはいけないということである。

2014/12/20

佐島楓

こういう作品こそ、文学のできる仕事の究極に近い形なのではないかと思う。

2014/09/06

小鈴

大正時代に最も栄えた小樽は資本主義社会の功罪が剥き出しになった場所でした。だからこそプロレタリア作家や詩人が生まれました。大人になってから読んでみたところ面白かったのです。悲惨で暗いイメージしか無かったのだが、まぁ暗いんですけど希望があるんですよ。無産階級を信じていましたから。私が1番好きなのは「一九二八・三・十五」です。今も小樽警察署は当時のままです。小樽で一番最初に警察横の桜が咲きます。この小説はイメージが浮かぶんです。雪をふむ音。息づかい。働く警察官も労働者だという指摘。

2020/03/15

yummyrin

再読。「おい地獄さ行くんだで」に始まる。運動に賭ける彼らの心の動き。キリスト者の信仰に関わるものと重なる。

2017/06/07

感想・レビューをもっと見る