読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 689)

羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 689)

羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 689)

作家
加藤周一
出版社
岩波書店
発売日
1968-08-20
ISBN
9784004150961
amazonで購入する Kindle版を購入する

羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 689) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

評論家加藤周一氏の自伝。「日本語で書かれた最も美しい散文」と評された文章が見事。華麗なレトリックを避けて、出来事や事物に寄り添うかたちで言葉が綴られていく。淡々としているとはいえ、詩情が滲みだしてくる文章であり、昭和初期の東京の山の手の知識人の生活が、まるで映画を見ているようにくっくりと浮かび上がってくる。加藤氏の時代と距離を置く醒めた視線が印象的で、これは加藤氏が理系の教育を受けたところから来るのかもしれない。閉塞感が漂う当時の日本で精神的な自由を保とうとする東大の仏文科の面々の描写が一番魅力的だった。

2013/09/05

奥澤啓

加藤周一。1919年9月19日生まれ。2008年12月5日逝去。享年89歳。戦後を代表する知識人である。和漢洋の文学、哲学、歴史等への深い教養に裏打ちされた旺盛な文筆活動は大きな影響を与えた。『羊の歌』(上)は加藤の生い立ちから敗戦までの日々が描かれる。その文章は簡潔にして明晰、イロニーに富み、多少シニックではある。「前世紀の末に、佐賀の資産家のひとり息子が、明治政府の陸軍の騎兵将校になった」という冒頭の一節は、サルトルの自伝『言葉』の導入部から影響を受けていることは、たびたび指摘されてきている。

2015/02/22

テディ

医者の息子という良家に育った加藤周一さんの回顧録。幼年期から学生までのありふれた古風な日常を投射して昭和初期の日本が麗らかに映し出されている。封建的でモダンな祖父、一族の栄枯盛衰、文化人的な自分をも巻き込んでいく戦争ファシズムが肉薄する様子がリアルに伝わった。加藤さんの日常生活のコマ一つ一つの点描を通じて昭和初期日本全体がまるで映像のように浮かび上がったのは、ひとえに加藤さんの麗らかで濁りのない美しい散文によるものであろう。懐かしささえも感じさせられた古き日本に思いを馳せながらもそれを守り抜きたく思った。

2013/10/22

さきん

戦後を代表する知識人である加藤周一氏による随筆。経済的に恵まれた知識人としての視点から戦前、戦後の自身と日本を振り返る.知識やそれを元に組み立てる能力はすごいと思った。戦前、戦後の日本を非常にシニカルに見ていることもよくわかった。しかし、いかにも典型的な知識人といった感じで、魂あるインテリ、エリート、士(サムライ)という風には見えなかった。当時の知識人として日本が戦争に敗れるのは当たり前という共通認識にも関わらず、負ける終わりの見えない戦争に突入した要因こそ、戦後の知識人は考えるべきではないだろうか?

2017/01/18

ネムル

悪ぶりかわいい鶴見俊輔なんかに比べて、お坊っちゃん然と異邦人を生きる加藤はいけ好かない(単なる好みの問題だが)。後の回想とはいえ、「私は町の小学校で、社会を知ろうとしていたのではない。社会のなかでの自分の位置を知ろうとしていたのだ」、なんてええかっこしいな文を見るに、特にだ。ただし立原道造や矢内原忠雄、後半の東大編から仏文の師・辰野隆や渡辺一夫、友人中村真一郎らが出てくると面白い。幼少期から敗戦(玉音放送)を扱う本作より、『続・羊の歌』のが面白せうだ。

2019/04/09

感想・レビューをもっと見る