読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

改訂版 なぜ意識は実在しないのか (岩波現代文庫)

改訂版 なぜ意識は実在しないのか (岩波現代文庫)

改訂版 なぜ意識は実在しないのか (岩波現代文庫)

作家
永井均
出版社
岩波書店
発売日
2016-06-17
ISBN
9784006003500
amazonで購入する

改訂版 なぜ意識は実在しないのか (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

意識とは、他我問題を前提にするときに起こる錯誤である。そこにあるのは意識ではなく<私>でしかない。意識と呼ばれる現象を遡行的に記述することなく、言語があるだけだと考えるならば、そこには<私>=言語ということがいえるはずである。これがひとつの主張に思えるのは、それでも一般に意識といわれるものが存在するようにみえ、一般的には認知科学的な議論の方が優勢なことでしょう。「意識」=<私>のはずが、どういうわけか<私>でない他人にも、この議論が伝わってしまう。問題は、その不思議さにあります。

2019/05/03

ころこ

意識とは何かという問いは、脳科学で言うクオリアの実在問題に回収されるという形で誤解されている、著者の問題意識はここから始まります。意識なるものは<私>と『私』の非対称な私秘性から生まれるとし、永井的独我論を使って縺れた糸を解きほぐします。本書には累進構造の図が何度も登場しますが、それは独在性を一般化することにより、<私>と<私>以外の人との間に成立する対立を、形式化・概念化して、私や私以外、または私以外と私以外の間にも成り立ちうるとする問題の取り違えを表しています。また、著者の独我論は私的言語と同義です。

2018/01/17

文章で飯を食う

「〈仏教3.0〉を哲学する」を読んで、「この」私や、「この」今にドキドキしたが。あれは、討論会だったから、わりとわかりやすかったのね。本書を読んででも、「〈仏教3.0〉を哲学する」以上のことは理解できませんでした。永井均氏の他の本も読んで見て、表現に親しんでから、再読しよう。

2017/02/15

月をみるもの

"われわれはたいてい、各人に心とか意識とか呼ばれるものがあって、それは主としてその人の脳の働きによって作り出されて、というような世界像を信じています。この後半を信じない人でさえ、前半は信じているでしょう。今回の連続講義では、そういう世界像をまずは打ち壊したい。しかし、ただ打ち壊すのではなく、それがどのようにして成立したのか,どうして成立しなければならなかったのか、その仕組みを明 らかにしたいと思います" → 続く

2019/03/24

yhirose254

『これは、デカルトが懐疑の果てに「我思う、ゆえに我あり」という帰結に達したときに起こったことと同じことですね。・・・それは、じつはもっぱら言語の働きによるもので、言語が見せる夢にすぎないのですが、われわれは言語が見せる夢の世界に生きているのですから、その夢から「覚める」ことはできません。(p91)』問題解決に当たって問題を言葉で書き下し、それに対して言葉でアクションプランを立てる・・。それでは問題が本当には解決しないという長年の疑問が氷解した。チンプンカンプンな中での不可思議な読書体験。

2019/04/23

感想・レビューをもっと見る