読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス)

ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス)

ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス)

作家
坂田靖子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-06-04
ISBN
9784022140425
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

kindle。弱小国の領主ツヴァイと孤高の魔法使いヴァルカナル。BLが苦手なわたしでも質の高い色気を感じる作品です。同作者の「時間を我らに」収録の、領主と天気予報機の話(タイトルが思い出せない)が頭に浮かびます。あれはバッドエンドだったので、本作はハッピーエンドを期待しています

2019/01/08

ヒロ@いつも心に太陽を!

やっと古本屋で見つけたので即購入。魔法使いと剣と戦と、とにかく私が好きなファンタジー要素は満たしているし、この独特な雰囲気がすごく好みで読んでよかったー(´∀`*)!!作家さん違うけれど『坂の上の魔法使い』を思い出した。「いや、あっちは一応BLか。こちらのツヴァスとヴァルカナルはどんな関係を築くんだろう」と思いながら読んでたら、あれ?ヴァルカナル、ツヴァスに抱きついてますけど??・・・んー、魔法使いって気まぐれで普通の人の考え方とは異なる思考だろうし。面白いからこれはこれでよし(・∀・)b

2012/12/23

珂音

愚直な領主とわがままな魔法使いの間になにやら絆めいたものが芽生えてきたような。かなりビビッてるけど。騎士に魔法使いにドラゴン、正統派ファンタジーで続きが楽しみ。

2010/06/05

ごん

読み終わって思うのは物語をつむぐことへの坂田さんの地力のすごさだ。その語り口は淡々としているけれど美しい洗練がある。Webコミックでも読めるけどやはり紙の本として手に取ると嬉しさひとしお。

2010/06/28

かんけー

坂田ワールド全開ですね~♪面白い。ツヴァスの真っ直ぐ過ぎる律儀さが良いです♪最初は恐れていた魔法使いのヴァルカナルに対してもきちんと人として対応してるところなど見ていてホッコリ(^^)ヴァルカナル、チョッとクセのある魔法使い(てか最初は??てくらい謎めいたキャラに思った)こう云うタイプは普段静かな分、怒ると怖いんだよねw強大な力を持つ魔法使いを側近としたらたちまち隣国は慌てふためき?然し、ツヴァス欲が無さすぎで。多少(笑)BLの描写有りますが坂田さんはアッサリ系かとww♪2巻も有るので読もうかと。

2016/04/03

感想・レビューをもっと見る