読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベル デアボリカ2 (あさひコミックス)

ベル デアボリカ2 (あさひコミックス)

ベル デアボリカ2 (あさひコミックス)

作家
坂田靖子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-03-04
ISBN
9784022140685
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベル デアボリカ2 (あさひコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

kindle。武人と魔法使い。分かり合えない価値観を持つ二人が、溝を埋め心を通わせ始めている。巻末のおまけで設定の深さが伺えます。驚嘆。ファンタジーってここまで作り込むものなのか、それとも坂田靖子ワールドが特殊なのか。

2019/01/09

ヒロ@いつも心に太陽を!

ツヴァスがヴァルカナルという「偉大なる魔法使い」の存在に甘えきることなく、彼の自由を尊重して、いなくなったらいなくなったで自分の力で国を守ろうとする姿勢がとても好ましい!そんな彼だからこそヴァルカナルもツヴァスのことを心底気に入ってしまったんだろうなぁ(*^∨^*)国と国との駆け引きも面白くてこれは私にとってアタリ本!話が中途半端で絵が綺麗なだけの漫画を続けて読んできてから、このシリーズは絵にくせはあると思うものの話が本当に面白くて続きが気になって仕方ない。3巻は新刊探してくる!

2012/12/23

ねこさん

あらゆるものは次の瞬間、どうにでもなってしまう可能性を本来的に秘めている。ヴァルカナルの気まぐれはその世界のしくみに則ったものだし、そうすることで与えられた「力」は、彼の内部から生じていない。対してツヴァスは人の道、義と呼ばれるものを自らの内に携え、それを無自覚に信仰している。信仰には疑いがない。ゆえに魔法使いとは別の躊躇なき「強さ」がある。力と強さ、手加減しないことと躊躇しないこと、両者は似通っていて別のものであり、それぞれが自らを恥じ、ゆえに惹かれ合うのだと思う。それは、男の世界だったような気がする。

2020/07/18

かんけー

ヴァルカナルはツヴァスを諭す、「あなたの国は小さくても..中略..本当の恐怖と威嚇は目に見えないものです」と。ツヴァスは???と意味不に(^^)真っ直ぐ過ぎるツヴァスがヴァルカナルの言葉に気付くのはまだ先で?二人の対比の描写が色んなシーンで語られて、読んでる方はニヤニヤしっぱなしwwツヴァスがデボンの暴漢に襲われてもヴァルカナルの魔法は彼をしっかり護ってるし♪ツヴァスが件の事を持ち出しても逸れが貴方の力です、と取り合わない?ラスト「星の書」をネタに出され動揺するヴァルカナル..さて、どうする?→

2016/04/09

tatsuki

魔法使いのモノローグが、殆ど愛の告白にしか聞こえない(笑)。

2011/03/05

感想・レビューをもっと見る