読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

山本容子のシュールなフランス語講座

山本容子のシュールなフランス語講座

山本容子のシュールなフランス語講座

作家
山本容子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-04-21
ISBN
9784022505194
amazonで購入する Kindle版を購入する

山本容子のシュールなフランス語講座 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

野のこ

フランス語は全く知らないので難しかったけど、分かったときは わぁ!って面白かったです。男名詞 女名詞があるからか、男女を意識した言葉遊びが多く、「海と魚」「窓とカーテン」とかシュールでした。『上達の極意』では山本さんがしっかり自分を持ってること、好奇心の連鎖からの行動力がカッコよかったです。フランス料理→フランス語→ダンス !

2018/05/30

ちゃわん

お気に入りさんの感想を拝見して購入した。誤植があるとのことで、早速確認したら、ありました!愛と嫉妬が逆になっている。「え〜!!そこ間違える?!」と思ったが、なんとなくおかしくなって「ふふっ」と笑ってしまった。フランス語は勉強すればするほど楽しくて、50前にしてマンツーマンの会話を習い始めた私。試験を受けるわけでもなく、フランスに住むでもなく、フランス人と再婚するでもなく(現夫とうまく行ってます)、それでも習い事は楽しい。山本容子さんの気楽な学習態度に好感が持てる。

2016/08/24

ペイトン

山本容子さんがフランス語を勉強された時に感じた事や憶えた方法がユニークです。

2015/09/02

pico

山本容子さんの言葉とイラストで綴られたフランス語入門。まっとうとはいえなくともシュールでもなく、でも感性に訴えかけてくるものがあり、フランス語熱が再燃。言葉の意味を求めるだけでなく、そこからひろがる遊びや世界をいかに楽しむかが大切!とそっと背中を押してくれます。

2009/07/15

しー

二つの単語を対にして取り上げて、いろいろ思いをめぐらせるのが新鮮な視点でおもしろいです。そもそもペアの組み方が斬新。添えられた絵もステキ。それにしても、l'amour(愛)とla jalousie(嫉妬)の訳語が逆になってるのは、誤植?それともわざと?

2016/07/16

感想・レビューをもっと見る